--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2015年04月26日 (日) | 編集 |

    ついに世代交代。
    次世代のクイーンが現れたと思う。



    作り手が本気だっていうのがバンドに現れてるし、なにせスーメタルの声がいい。
    浜田麻里さんがデビューして30年。ついに来たなーって思いました。



    日本語のままでも本気でやれば、世界を相手にやれる人はいるっていうことだよね。

    つぶされずに頑張って欲しい!





    2015年02月12日 (木) | 編集 |

    2014年10月に一戸建てに引っ越しをして、
    それ以来大きな事件が相次いでいる。


    10月、まだ引越しも落ち着いていない頃。

    11月末から12月頭の転機。

    そしてまともに正月を過ごしたと思ったら、
    1月は自分がポカをした。

    そして2月。


    キーとなるのは12という数字。


    ばたばたが続くだけならよいが大きな出費も一緒。



    一方、世界では国という枠組みの崩壊が少しずつ見えてきている。

    サイバーな世界はもちろん、

    人が物理的に住む世界でも民族中心に自立しようとする動き。


    何がおきているのやら、
    自分にはさっぱりわかりません。


    ただ、

    何かがおきつつあり、大きな流れを見失ってはいけないこと、
    目の前のことを一つずつ取り組んでいかないといけないこと、

    それだけは確か。







    2015年01月11日 (日) | 編集 |

    1月11日です。ワンワンデーです。


    昨年、私には激動の2014年でした。
    2015年はなにが待っているのやら。


    未来から来ている人達がいろいろと今後起きることを教えてくれているそうですね。


    バックトゥザフューチャー2で描かれた最悪の2015年。
    エヴァで描かれた使途がやってくる年。


    実際、サイバー戦争はすでに起きているし、
    近隣諸国との戦争も回避できるのかどうか。


    個人的には手法が古いのではと思っているアベノミクス。
    急激な円安が招いた物価高で貧富の差が拡大。
    これによってすでに起きている価値観の幅の拡大。
    で、これを受け入れられない(だろう)日本人。


    今年は世界が本格的に変わる1歩目の年になるのではないかと思ってます。


    でも健康で、「生きてさえいればどこだって天国になる」ことを信じて。
    みなさまにとって幸多き一年となりますよう、祈念しています。







    2014年09月19日 (金) | 編集 |

    なんとなく70年代。




    35年ローンをぎりぎり組めるこの年になってようやく家を買った。
    建売り。


    自分が死ねばローン終了(死んだらラッキー)。
    しかも連れが住む家は残るはず(遺書書いておかないとね)。


    それよりなにより、
    今のアパート代+駐車場代より月の支払いが安くなる。


    そうそう。
    車も買ったんですよ。中古で。


    この半年、いきなりふつーの人になってます。


    「所有しない」というポリシーで来たのにね。


    次はドッグランにできる土地が欲しいなー。







    2014年04月09日 (水) | 編集 |

    image


    日本という国の働き手に疑問を生じる今日この頃。


    委託先の企業に来て、
    これから常駐する会社の人と打ち合わせしている最中に居眠りする・・・


    とか、


    やたら自信があるけど、
    知ってる風だけど、
    基本的な知識が何か足りない上に勉強している様子が見えない・・・


    とか、


    新入社員のカリキュラムを外部に任せるのはいいけど、
    会社内のことを教える場はスズメの涙な時間割・・・


    とか、


    現地を見ずに作業しようとする・・・


    とか、

    とか、


    もう、20年以上も社会人をやってきた人間からすると何か
    不思議なことが起きている。


    そういう光景を20年前の僕の先輩方は見ていたのだろうか。
    だとしたら、先が見えてきたおじさんは何も言わないことに
    しよう。


    おそらく世の中が変わったのだ。
    もう僕が知っている世界とはスタンダードが違うのだ。


    だとすると、ですよ。
    日本にいてもカルチャーショックなのだから、
    外国へ行くっていう手もあるわけで。


    [東洋経済オンライン]海外赴任1年目、その本当のところとは?


    インド、マレーシア、ベトナム・・・。


    おそらくそれらの国がこれから世界の主流となるために、
    役に立てる場があるのではないだろうか、


    なんて思ったりするわけです。


    先日、定年退職した方はタイへ行くと言っていました。


    日本のことは若者にまかせて、
    彼らの流儀で試行錯誤して、
    新しい日本を作ればいい。


    年をとった人から、海外で日本人の価値観を広める、
    現地の精神性をの融合をはかり、
    より価値の高い製品やサービスを作る。
    その支援をする。


    そういう役割をしよう。


    そう思ったかどうかはわからないけれど、そういう
    生き方もいいかもしれない。


    打つと響く・・・そんな若い国で再挑戦してみるのも
    楽しいかもね。


    ビジネス英語ができれば、ですが。



    もっとも日本にも昔でいう怖い先輩が必要。。。
    このままじゃやばくないか、と思う自分もいるのです。


    さてさて。



    テーマ:独り言
    ジャンル:ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。