--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2012年09月20日 (木) | 編集 |


    java。


    自動アップデートにしているのだけど、それも良し悪しという話。


    PCを起動、javaのアップデート画面が出て、何かやったなーと思ったその後、ブラウザを立ち上げてもいつものホームページが表示されず。


    ipconfigしてアドレスがとれていることは確認。


    無線を使っているiPhoneが使えていることも確認。


    PCを無線につないで確認。
    アドレスがとれてても、インターネットへ出れない。


    pingを適当にうっても応答なし。


    ルータを再起動。変化なし。
    アドレスはとれるがインターネットへ接続できない。


    PCを立ち上げてからの動作を思い出し、、javaが何かやってたなーと思いだす。。


    コントロールパネルからjavaのアイコンをたたくと、今日確かにjava1.7(jre7)がインストールされている。


    このせいか?と思い、

    Javaコントロール・パネル→Javaタブ→表示

    を選んで開く画面から、java1.7の有効欄のチェックを外す。


    すると、、


    即座にインターネットへのドアが開かれた。。


    ググると、WisePoint および WisePoint-Gateway を使っている場合にIEで発生・・・なんてことが出てくるけど、Firefox15.0.1だし、そもそも認証機能もなにも、ゲートウェイから外へ行けなくなっているみたいで、インターネットへの通信が全断したわけで、理由がわからない。


    原因不明で対処方法だけわかったってことになりますが、
    同様にjava1.7(jre7)系にアップデートして通信障害が起きた場合は、Javaコントロール・パネルを開いて、上記の方法を試してみるとよいかもしれません。



    スッキリわかるJava入門スッキリわかるJava入門
    (2011/10/07)
    中山 清喬、国本 大悟 他

    商品詳細を見る



    関連記事
    スポンサーサイト
    テーマ:トラブル
    ジャンル:コンピュータ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。