2011年12月31日 (土) | 編集 |


    ようやく年末っていう気になってきた今日。
    激動の2011年もあと7時間。


    311の大災害以降、世の中が大きく変わりつつあることを肌で感じた1年でした。


    日本だけではなく、地球全体にうねりが生じ、これからの人類の行く末を真剣に考えなければいけなくなった年。


    新たなスタートを切れるかどうか、
    新しい世界を作り出せるかどうか、


    その大きな岐路に今、立っているということを感じます。


    2011年の最後に、こんな本を読みました。



    奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録



    本人も凄いけど、期待に答えたリンゴの木や自然、そしてなにより木村さんを支えた家族。
    奇跡のリンゴ」にかかわった人達は、今後の人としての在りよう、生き方のバイブルになるかもしれません。



    さて、今年は後半戦からの復帰でしたが、大変お世話になりました。


    年末年始の間、休みの人も仕事の人も、ほっとする時間を作って疲れを癒し、ぜひよいお年をお迎えください。



    関連記事
    スポンサーサイト
    テーマ:オススメの本
    ジャンル:本・雑誌

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック