--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2005年06月13日 (月) | 編集 |
    観に行ってしまいました。交渉人 真下正義

    ユースケ・サンタマリアっていまいち好きではないんだけど、なんか見ておかないと後で後悔しそうっていうか、ふいにそんな気がして。

    で、感想は、、、



    おもしろかったです。素直に(笑)



    まぁ、いきなり冒頭に地下鉄で電車が暴走する場面があるんで、いつかの事故を思い出して、ちょっと眉間に皺がよりましたが(^^;

    あ、でも、事故とかで死人は出ないですよ。映画の中では。

    このシリーズ、映画見終わってから、そーいえば○○事件の被害者として発見されること以外で死人が出たことないなーと気がつきました。

    意外や意外。
    あれだけ事件があったのに長さんも副総監も青島君も殉職してないし、そーいや真下君も生還しましたしね。

    そんなとこもこのシリーズの人気のひとつなのかもしれないですねー。

    ぷらっと映画館へ行って、ポップコーンとコーラを手に気軽に楽しめる(損がない)映画って、貴重です。最近映画館入るのってドキドキだもの。つまらなくてもせっかく払った料金分、きっちり見ないとって思うもので(貧乏性? 笑)

    ワタクシ的には、寺島進の役どころが一番よかったっす。
    あの熱血バカっぷりがなんとも(笑)


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    渋谷を歩いていて「あ、忘れてた」と交渉人真下正義を見る。 今さら。 うーん・・・・これ、金払って見る映画じゃないな。。。( ちょっと言い過ぎ ? )みんな、本当に面白かったのかな ??だって、踊る・・の方が単純明解じゃない ?? 交渉
    2005/06/13(Mon) 22:52:37 |  ボソっと言ってみっか・・・
    2003年11月24日、レインボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」。その事件直後、真下正義警視は、湾岸署の前で、報道陣に取り囲まれ、警視庁初の交渉人(ネゴシエイター)として、事件解決の経過を説明していた…。あれから1年…。 goo movie...
    2005/06/14(Tue) 03:49:00 |  HR BLOG
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。