2010年01月30日 (土) | 編集 |

    テレビで本人でない六本木心中が流れてたのを聞いて、本物が聞きたくなった(笑)





    吉川晃司って、六本木心中と同じ時代だったのね。





    同じ時代を生きていた世代はみんなそうだと思うけど、この曲には強烈な印象が残っている。カラオケ行って、選曲に困ると持ち出したりするし。


    六本木という海外っぽいイメージの土地をテーマにしてるのに、櫻吹雪っていう和の言葉が含まれていて、何度聞いてもドキッとするんだよね。


    ロックンロールだねー。



    関連記事
    スポンサーサイト
    テーマ:音楽のある生活
    ジャンル:音楽

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック