2009年12月06日 (日) | 編集 |

    気がつけば12月。
    1年間続けて記事を月10本以上あげるっていうのは大変なことなわけで(いいわけ)。


    久しぶりにちょっと残しておきたい台詞を見つけたので、メモ( ..)φメモメモ


    我々の間にはチームプレイなどという都合のよいいいわけは存在せん。
    あるとすれば、スタンドプレイから生じるチームワークだけだ。
    (攻殻機動隊第5話)


    アニメって、発想が自由な分やっぱりおもしろい。まさに仮想現実。現実に近いけれど現実とは遠い世界。一方で、人間が出るドラマはある程度現実味(リアリティ)がないとおもしろくない。


    勝手な思い込みかもしれないけれど、目に見える現実と同じ素材を使った話には現実らしさが求められ、目に見えない・作り上げた話には現実を想起させるものから遠ざけた素材を使ったほうがおもしろいのかもしれない。


    人間の脳は自由な発想ができる。
    逆にいえば、頭の中よりも現実世界のほうが世界は狭い。それこそ箱庭のような狭い世界。


    頭の中の世界が現実世界に直接的に投影され現実と同化できたなら、この世界はどうなるのだろう。一方、慣れるまで大混乱は必定だろうけれど。


    世の中がつまらなくなったら、今の世界に肉体を持って存在しててもしょうがないっていうことなのかもしれないね。


    関連記事
    スポンサーサイト
    テーマ:ひとりごと
    ジャンル:日記

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック