--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2005年05月31日 (火) | 編集 |
    5/21に書いたハービー・ハンコックの“処女航海(Maiden Voyage)”。そういやCDのリンク貼っておかなかったので、ここで貼り付け。

    #別に気になったからってここから買う必要ありません。
    #ただアルバム紹介をサボりたいだけなので(笑)




    僕は息がつげなくなるけど、ゆったりした気持ちになれる名曲。そんなの聴いたことない!って人には是非!ってオススメできます。コテコテのジャズではないので、誰にでもしっくりくると思うよ。



    ちなみに、このアルバムの中での僕の1番のお好みは、5曲目の“ドルフィンダンス(Dolphin Dance)”。こちらも処女航海同様にゆっくり聴けるメロディの美しい1曲。ネーミングもいいと思いません?

    ドルフィンダンスは、とあるジャズライブで聴いてから印象が一変したというか、すごく好きになった曲のひとつ。たまたま友人とふらっと入った横浜のライブハウスで聴いたものでした。

    出演していたのは、麻生光希(Vo)さんのグループで、でもこの曲はヴォーカルはお休みだった・・・よな・・確か(汗)

    ただ、ベースのグレッグ・リー氏が印象に残ってるんですよ。あとからアルバムを聴いてもこの曲はついついベースラインに耳がいくというか、印象にすごく残るみたいです。すごく優しくて落ち着くというか。部屋を少し暗めにして、椅子に深々と腰掛けてゆっくりと聴きたいですね。


    たまには脳と心に栄養を与えないと。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。