--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2009年08月25日 (火) | 編集 |


    おいしいコーヒーの真実


    コーヒーは世界で最も日常的な飲物。全世界での1日あたりの消費量は約20億杯にもなる。大手企業がコーヒー市場を支配し、石油に次ぐ取引規模を誇る国際商品にしている。私たちは「おいしいコーヒー」にお金を払い続けている。しかし、コーヒー農家に支払われる代価は低く、多くの農家が困窮し、農園を手放さなくてはならないという現実。

    ~略~

    エチオピアでは毎年700万人が緊急食糧援助を受けており、緊急支援に依存せざるを得ない状況にある。しかし、アフリカの輸出シェアが1パーセント増えれば年700億ドルを創出できる。この金額はアフリカ全体が現在受け取っている援助額の5倍に相当する。必要なのは援助ではなく、自立を支援するためのプログラムなのだ。

    (以上、『おいしいコーヒーの真実』から抜粋)



    アフリカの問題って、正当な価格で農作物を販売すれば案外簡単に解決するのかもしれない。
    このコーヒーの例はそう思わせるに十分だ。


    実際、今日本で起きている貧困層の拡大という問題も似たような話。


    会社の収益が上がらない→コストを削減しつくす→最後の聖域である人の削減に手をつける→削減対象者が出る→削減された人が仕事からあぶれる→次の働き先がすぐみつからない→稼ぎがなくなる→家賃が払えなくなる→住む場所を失う→ますます働き先が見つからない・・・→貧困が拡大し国も衰退する


    彼らにとっても、必要なことはお金の援助ではなく、彼らを活かせる仕事を作ること。


    働いて仕事をして、対価として得たお金を使ってもらうことで、世の中の経済はまわっていくし、彼ら自身の生活も回るようになる。必要なのは自立の支援。今度の選挙で勝つであろうと言われている某政党のように、決して個人に金銭的な支援をすることではない。
    (間違えてはいけないのは、その人にあった自立の仕方があり、お金の援助も必要な場合があるということ。)


    コーヒーに話を戻す。


    このサイトの例によると、コーヒー1杯のうち、90%はカフェや豆の小売業者、輸入業者の手に渡る。原産国の農家の取り分は1~3%。同じ豆を比べ、値段が安いところから調達する。だから、農家や輸出業者は買いたたかれ、手にするお金はわずかになる。だからこの現象は至極当たり前のことのように見える。


    カフェは人件費がかかる。だから本当のコーヒー1杯分のコーヒーの原価などはほんとにわずか。カフェでコーヒーを飲む場合は、払った金額のほとんどをその店の人件費や土地代、建物の内装費、電気代として払っていることになる。だから90%は妥当???


    農家としては、コーヒー豆を栽培したコストを回収しなければならない。生産コストに生活するコスト(賃金)を含めて売らないといけない。なのに、この生活するコストを思いきり削られた値付けがされる。


    買う方は安く安く・・・と売り手を競争させる。売り手は、本当はコストを上回る価格で売らないといけないのに、自分たちが困窮するほどの価格でしか売ることができない。


    ではこの困窮の原因を作っているのは誰か。
    輸出業者?輸入業者?それとも中間に入っている卸業者?


    一度、アフリカの農家から直接コーヒー豆を買ってみたいものだ。彼らの賃金がちゃんと反映された価格で。


    と、思ったら。


    (再び、『おいしいコーヒーの真実』から抜粋)
    日本でのフェア・トレードのシェアは、レギュラー・コーヒー市場において0.2%程度。イギリスでは焙煎粉コーヒーの約2割、アメリカで全コーヒーの約2%がフェアトレードになっている。


    ・・・らしい。
    フェアトレード・コーヒーとは、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入して、途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す取り組みのこと。


    フェアトレード・コーヒーで、世界のコーヒー農家を救う


    スタバにも、このフェアトレード・コーヒーがあるんだそうだ。
    販売している豆にしかないようだけど。
    今度覗いてみることにしよう。



    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    こんにちは^^
    負のスパイラルって一度はまっちゃうとなかなか出られないですからね。。。´`;
    そういうのを支援できる体制があればって言ってもまたこれが難しい。。。

    貧困の表だけのケアじゃなく、根本から解決しないといけないんですよね、こういう国って権力者がものすごく搾取してるって聞きますが、そういうのはどうなのかな...

    “お金”というものを持ち込んだから貧困になった民族とか聞いたことあります。
    狩猟とかでお金が無くても生活できてたのに、先進国が貨幣経済を持ち込んだために貧困に苦しむようになったとか。。。


    そういえば、ふなうた♪(生息)市にはスタバがありません。。。
    2009/08/25(Tue) 14:45 | URL  | ふなうた♪ #-[ 編集]
    先進国のおかした罪
    こんばんは。

    先進国って結構あくどいことしてるんですよね。自分たちが正しいと思っているから悪気はないのかもしれないのだけど、自分のルールを相手に押し付け、相手の事情はおかまいなし。口ではwin-winの関係といいつつ、相手を出し抜く方法を常に考えている。

    時代は変わりつつあると思いますが、まだまだですね。

    スタバ、、、腐るほどあるから持って行ってください。。(^^;;


    2009/08/25(Tue) 23:58 | URL  | ばーど #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。