--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2009年08月18日 (火) | 編集 |


    自分を育ててきた曲たちシリーズ。ようやく小学時代。
    この時代はなんといってもこれ。『銀河鉄道999』。
    最近また、2009年9月9日へ向けて映画館でリバイバル上映されたりしているみたいだけど、このゴダイゴの曲は色褪せない名曲だと思う。





    ほぼ同時期にガンダムもやっていたはずなのだけど、僕はガンダムには行かず999派だった。


    ガンダムには憧れたり、共感できる登場人物がなかったもので・・・。
    それにやっぱりSL(C62)が、旧型の客車が、ツボだったんだよね。
    メーテルは憧れだったし(笑)
    アンタレスやハーロックからは男気というものを知った気がする。


    アニメとは別にして、この当時ゴダイゴは大ブレイク中。
    調べてみたら、堺正章が孫悟空、夏目雅子(今見ても綺麗な人だね・・・)が三蔵法師を演じた西遊記もほぼ同時期に放送。西遊記でオープニングとエンディングの曲として使われたこともあり、ゴダイゴはガンダーラモンキーマジックなど、ヒットを連発していた。
    あと、ビューティフルネームも流行ったね。


    そんな中でも『銀河鉄道999』は、歌詞がとても前向きで好きだった。映画の挿入歌『テイキング・オフ』とセットでヘビーローテーション。


    今聴いても全然古くない。
    決して、小さい頃に耳に馴染んでいたからそう思うわけではないと思う。



    関連記事
    スポンサーサイト
    テーマ:音楽のある生活
    ジャンル:音楽

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。