--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2009年08月09日 (日) | 編集 |


    8月8日土曜、東京・晴海、神奈川・厚木、神奈川・茅ヶ崎などで花火大会。
    ここにあげた3つの中で一番打ち上げ数が大きいのは、もちろん晴海の東京湾大華火祭の12,000発。次が厚木の10,000発。これらよりずっと規模が小さいのが茅ヶ崎の3,000発。


    どれに行くかを悩んだ結果、茅ヶ崎に決定!
    というのも、茅ヶ崎は規模は小さいものの、海辺(サザンビーチ)で行われる花火大会。晴海や台場の大混雑にイライラすることもなく、厚木の蒸し暑さにイライラすることもなく、海岸線で気持ち良く見れると判断。夏の海も久しく見てないし、それに茅ヶ崎は、水中から打ち上げる花火もあってとても綺麗だった記憶があるので・・・ね。


    Fireworks-in-chigasaki


    結果、やはり大正解。
    あまり風がないので、集中して花火をあげると煙が次の花火を遮ってしまって見えなくなる。それでも気にせず打ち上げる花火大会しか見たことないけど、今日は煙が晴れるまで少し打ち上げを中断するというような粋な計らいもあった。小規模な花火大会ならではかも。


    おまけに江の島の上に登る、霞がかかった月も花火の脇役を演じていた。


    江の島に昇る月
    江の島に昇る月


    3,000発でもおそらく演出や環境次第でずいぶんと充実する。
    12,000発上がっても、人の頭やビルの合間に見える花火より、波の音を聴きながら、さえぎるもののない空に打ち上げられる花火を見る方が数倍楽しい。


    ようやく夏らしいことをしたな(笑)



    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。