--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2009年04月10日 (金) | 編集 |

    今日の満月はまた一段と綺麗。
    星の見えない漆黒の空に、くっきりはっきり、煌々と光っている。
    #星が見えないのは、街が明るいから・・・。


    ところで帰宅する夜21時から22時ころ、歩いているときにふっと視線(気配?)を感じて空を見上げると、最近は必ず月がそこにいる・・・というくらい月の波動に敏感になっている。


    だから、こういう情報に反応するようになったのもごく自然の流れかもしれない。
    と、ちょっとこじつけ。


    [GIZMODO JAPAN] エレベーターで異次元に行く方法


    2chでちょっとした話題になっているらしい。
    具体的にはこうするのだとか。


    ------------------------------------------------
    【異世界へ行く方法】
    必要なもの:10階以上あるエレベーター

    1. まずエレベーターに乗ります。
      (乗るときは絶対ひとりだけ)

    2. 次にエレベーターに乗ったまま、4階、2階、6階、2階、10階と移動する。
      (この際、誰かが乗ってきたら成功できません)

    3. 10階についたら、降りずに5階を押す。

    4. 5階に着いたら若い女の人が乗ってくる。
      (その人には話しかけないように)

    5. 乗ってきたら、1階を押す。

    6. 押したらエレベーターは1階に降りず、10階に上がっていきます。
      (上がっている途中に、違う階をおすと失敗します。ただしやめるなら
       最後のチャンスです)

    7. 9階を通り過ぎたら、ほぼ成功したといってもいいそうです。
    ------------------------------------------------


    で、これを試してみた人が撮った動画に映っていたのが、上のリンクにある写真。


    その世界へ行きつくと、人という生き物は試した人一人だけ。
    5階から乗ってきた人は人ではないらしい。


    そして、ここには行き方は書いてあっても戻り方は書いてない。
    試しても帰ってくる保障はないということか。


    この動画を撮った人は結果的に逃げてしまい、だから帰ってきた。
    それでも写り込んでいた人のような姿。


    うー。鳥肌たってきた。


    実はリンク先の、この方法を試したというエレベーターの形、僕は昔から苦手。
    昔っから、こういう細い窓付きのエレベーターは見た目だけで怖くなり、ほんの数回しか乗ったことがない。


    ま、それは置いといて・・・。
    勤め先は10階以上あるビルだから、試そうと思えば試せる。
    まぁ、90%以上の確率で邪魔が入りそうだけど。


    異次元を見てみたい気もするけど、、、
    試すならまずは身辺整理しておかないと怖いな。
    会社から忽然と姿を消してしまったときのために・・・。



    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。