--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2009年03月28日 (土) | 編集 |

    アース スタンダード・エディションアース スタンダード・エディション
    (2008/06/27)
    地球

    商品詳細を見る



    見ました。earth(地球)。


    ま、見てください。地球Love!な方。自然Love!な方。
    ・・・Love!な方は言われるまでもなく見てるよね。


    とにかく地球。自然。
    北極から南極まで、そして最後は北極。


    よくぞ撮ったなーと思える映像満載。


    私的に好きな映像は、
    ヒマラヤの山中から山の頂を越えて見える星の海。
    そして、ペンギンの群れが小さく写る頭上に広がる南極のオーロラ。


    美しいです。
    撮影隊の執念を感じます(笑)


    そして最後に思った疑問。
    ゾウって何のために存在してるんだろう??ということ。


    そして感じたこと。
    生き物には意識がある、感情もある、言葉も持ってる、ということ。


    四足を持った動物を食べてはだめだという日本古来の教えは正しいね。
    なんか、感覚としてすごくはっきりわかった。


    あとあと、、
    とにかく自然はうまくできている。


    鳥のひなが木の上から初飛行(といってもほとんど飛び降りてるだけなのだけど)。
    でもそれを可能にするのは、地面いっぱいに敷き詰められた落葉樹の枯葉。枯葉がクッションになるからこそ、ひなが初飛行できる。
    すごいよ。完璧。


    なんか、そういう普段気にもとめない部分に目をいかせるっていうことにこの作品の素晴らしさがあるんだろうね。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。