--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2009年01月15日 (木) | 編集 |

    地デジ、地デジとうるさいのだけど。
    いまだうちのテレビには、画面の右上に“アナログ”ってきっちり表示されてます。


    電波の送受信方式が変わるのはお上の勝手。デジタル化で、使う電波の帯域を効率的に使えるようになることに反対する理由もないしやってもらえればよい。でも、地デジ化した電波を受信するしないは本人の勝手なんじゃなかろうか。だいたい100%移行なんていう目標自体、民主主義の国の目標とは思えない。目標にするだけ無駄でしょ。


    地デジ化は民放も一緒だけど、ここでNHKの話。


    地デジで騒ぎすぎて、NHKは2009年、赤字予算らしい。赤字分は税金から出るんだろうか。
    [Yahoo! News] <NHK>13年ぶり赤字予算 地デジ対策費など要因


    先日ついに屈伏してNHKの受信料の支払いを再開したのだけど正直NHKはみてない。今年の大河ドラマは見てみたいけど、でもだいたいやってる時間に家にいないし、ビデオを録画してまで見る気もなし。テレビがあるから受信料を払えって、そもそも詐欺行為に等しいよね。


    アナログ放送が終わったら、今のテレビはこれだけではNHKも受信できないただの箱になりさがるわけで、そしたらNHKも受信料とれないよな、さすがに。なんて思っていたりする。そのときにまだ今のテレビが十分使えればDVD再生専用で使えばいいかな、なんて。


    で、ふと思ったのだけど、2011年に地デジに切り替わると今のアナログ放送は終了。
    ということは、ひっじょーに貴重な放送電波の終了に立ち会えるわけで、これを見逃す手はないと思い始めた。


    地デジの受信機買うにもお金かかるし、別にテレビがなくても不自由しないし(というかテレビを見ると害ばかりのような気がしている)、このまま1999年製のブラウン管テレビでアナログ放送の終了を待とうと心に決めつつある。


    アナログ放送の停止は、2011年7月24日。
    テレビくん、それまでがんばってくださいな。


    ちなみに。


    7月24日といえばマヤ暦の大みそか。
    なんでこの日を選んだんだろうという新たな疑問が湧いてきた。



    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。