--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2008年12月30日 (火) | 編集 |

    昨日(28日)の深夜、なんとなしにテレビを見ていたら映画が始まった。
    面白くてついつい全部見てしまい、寝たのはなんと午前3時を過ぎていた。
    今日は朝早く起きなきゃいけなかったのに。


    で、映画のタイトルがわからないまま終わってしまったので、さっき調べたところこの映画だったというわけ。


    バタフライ・エフェクト(オフィシャルサイト)


    バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]
    (2005/10/21)
    アシュトン・カッチャーエイミー・スマート

    商品詳細を見る



    久しぶりに斬新なストーリーだった。
    自分にとっては、『メメント』以来のような気がする。


    人は常に選択をして人生を生きているけれど、その選択の結果次第では世の中ががらっと変わってしまう。そんな状況を非常にわかりやすく映像化した感じ。


    タイトルの『バタフライ・エフェクト』とは、「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」という表現で表わされるような、“初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生みだす”、という意味のカオス理論の一つのことだそうだ(上記オフィシャルサイトより)。


    主人公は常に現在の世界を作り上げた原因を自分の生き方・振る舞いの中で探し出し、一つ一つ変えていくのだが、ついに自分の気持ちを殺した現実を作り出すことで、周囲の人々の幸せな人生を作り出す。歴史を変えてしまう行動の是非はともかく、とてもせつない物語。


    この映画を見ていると、自分のとった行動がどれほど周囲の人に影響を与え、その人の人生を変化させるのか、その影響力に恐怖する。


    果たして自分は周囲を不幸に陥れるような選択をしているのか、それとも幸せに導くような選択ができているのだろうか。


    正直、僕には自信がない。




    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。