2008年11月11日 (火) | 編集 |

    前回読んだ本に引き続き、11月6日から8日の3日間で読了。
    どうも読書に勢いがついてる。。


    億万長者養成講座億万長者養成講座
    (2008/10/10)
    ローラル・ラングマイヤー

    商品詳細を見る



    アメリカ発の不況に世間がおののいているこの時期、こんな本が発行されてどれだけ信憑性があるのかわからないのだが、とくかくミリオネアになるための方法を教える本。


    現状をギャップ分析して、経済的に自由になる日を目標として設定し、6つあるやるべきことの順番を決め、実行する。やるべきことはその人の現状にしたがって順番は異なり、その順番が異なる6つの家族のパターンを紹介している。つまり読み手がいずれかのパターンにあてはまるように事例が組まれている。


    ただその事例が、まさに今問題になっている、資産価値のある資産を担保に借り入れをし、その借り入れたお金で別の金融資産に投資し・・・、という借金であぶく銭を稼ぐパターンがメイン。今この例にしたがった投資をしてもアメリカじゃだめだろうなぁと、かなり複雑な気分。


    でも考え方は参考になる。


    いつまでも給料をもらう立場じゃダメ。
    資産を有効活用して資産が資産を生むサイクルを作らないとダメ。
    等々。


    ただ、、チームを作れというのがあるんだよね。


    会社を作ったり、税金をできるだけ安くすませるように資産を分けたり、そういうアドバイスをとおりいっぺんでなく、真剣にしてくれる専門家からなるチーム。要は、弁護士や会計士やそういう専門家で信用ができる人のことを言っているのだけど、そこって一番難しくないか?


    この本、信用できるプロの探し方、見極め方までは書いてないんだよな。
    悩ましいのぉ。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック