2008年09月22日 (月) | 編集 |

    珍しくクラシックのCDを借りた。
    Moonlight Sonata ~ ベートーベンのピアノソナタ『月光』だ。
    Arthur Rubinstein という人が弾いているCDなのだけど、なんかこう、優しい。。。


    重たい、ズシンとくる『月光』を聞きたかったのだけど、う~ん。
    違う人のを借りなきゃ。


    つくづく思うのだけど、楽器の音色というやつは、演奏する人によって本当に表情が変わる。もちろんその曲の解釈の違いというものが演奏者によって存在するからではあるけれど。


    だから同じ曲でも気分によって演奏者を変えないといけなくなるなんてよくあること。きっとこういう『月光』を聞きたい日もあるだろうから、別によいのだけどね。


    同じ日についつい勢いでこんなCDも借りた。


    ブラバンで人気の究極のクラシック~これがオリジナルだ!ブラバンで人気の究極のクラシック~これがオリジナルだ!
    (2007/12/05)
    オムニバス(クラシック)ドミンゴ(プラシド)

    商品詳細を見る



    高校生のころ好きだった、ドビュッシーの『海』より「風と海の対話」、これが収録されていたので借りたのだけど、こちらは満足。演奏はフランス国立放送管弦楽団。ただね、後半、なんか足りないんだよね。短いけどトランペットのソロなかったっけかなぁ。。。


    たまには生クラシックも聞きたいものです。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    超ごぶさたしております。URLでわかるかな?
    ベートーヴェンのソナタならばEmil Gilels(エミール・ギレリス)がおすすめですっ!「鋼鉄のタッチのピアニスト」と評された、ロシアの恰幅のいいおっさんです(もう亡くなられていますが)。
    youtubeにもいろいろUPされていますので、是非ー。

    2008/10/05(Sun) 15:58 | URL  | tama #-[ 編集]
    ご無沙汰です
    ほんと久しぶりですね。元気ですか。
    ブログ、拝見してますよ。

    Emil Gilels、さっそくYouTubeで聴いてみました。
    うん。これくらいでないとダメですね。なんか聴いた気がしないというか。
    ありがとうございます。CDも探してみます。

    2008/10/06(Mon) 01:02 | URL  | ばーど #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック