--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2008年09月15日 (月) | 編集 |

    幼稚園とか小学生の低学年のころは、帰り際によく言わされていたであろう『さよなら』という言葉。


    ・・・あろう、、というのは、記憶にないからです・・・。
    だいたい先生っていうのは、一日の終わり、帰るときには『さよなら』って言うように教えますよね。
    (そういうような記憶はかすかに残っているように思います)


    ところが。
    大人になってから、『さよなら』という言葉、まったくといっていいほど使いません。
    『またね』とか『じゃあね』とか、『また今度』とかいう言葉を使います。


    なぜかというと、この『さよなら』っていう言葉、異様にさびしく感じるんですよね。
    この言葉を口にしたら最後、もう二度と会わないということを意味するような気がして。


    なんでだろう??

    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    ちょっと昔の記事にコメントです♪
    『さよなら』って確かに社会人になると、というか、大人になると使わないですね^^
    『お先します』とか『お疲れ様です』とか。。。
    でも、前のお菓子屋さんでは皆帰りに『さようなら』って言うんです^^
    最初は変な気がしましたが、なれると普段の別れでも『さようなら』言ってしまいます^^
    そして相手には『??』な顔されます。。。

    やっぱり慣れなのかな。。。??
    2009/06/26(Fri) 18:12 | URL  | ふなうた♪ #g23jHA0U[ 編集]
    やっぱり慣れなんでしょうね。。
    誰も使わないし、いまだに今生の別れくらいの勢いに感じてしまいます。
    2009/06/28(Sun) 20:12 | URL  | ばーど #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。