--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2008年09月08日 (月) | 編集 |

    人は何を目的に生きているのか。
    死に向って歩いていることは確かだが、ではこの世界に肉体を持って生きていることの意義はどこにあるのか。


    地球は全宇宙の意識をあげるための特殊な世界だという。
    あえて肉体を持ち、様々な次元を生きる“人”が入り乱れて生活をする宇宙全体の実験的な惑星であり、この惑星で経験したことをそれぞれの次元の世界に持ち帰り、より進歩するための糧とするらしい。


    ちなみに意識が高まった世界(高次元の世界)では、精神の力で自分のエーテル体をコントロールし、テレパシーで(言葉を使わず)心と心で会話をするのだそうだ。


    エヴァな世界でいうところのサードインパクト後の世界みたいなもの?


    そして今は浄化プロセスの中にあり、2012年地球は5次元の惑星になる。
    人はそれぞれの次元にあった星へ移住することになる。。。


    今の地球環境の乱れ、精神的な世界が認知されつつある人の意識の変化、それは次元が上がるための準備なのだそうだ。


    ガイアプロジェクト2012―地球5次元化計画 (超知ライブラリー 30)ガイアプロジェクト2012―地球5次元化計画 (超知ライブラリー 30)
    (2008/03)
    チャング フィヨング

    商品詳細を見る



    とても面白かった。
    こういう世界観をもってこの先の人生を生きていけるなら、少しは悩みが減りそうだ。


    物理学でも超ひも理論が登場して久しい。
    そこでは11次元くらいまでの世界が理論的に存在している可能性があるらしい。


    この本の世界はあながち冗談ではないのかもしれない。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。