--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2008年02月28日 (木) | 編集 |


    ブラック・スネーク・モーン スペシャル・コレクターズ・エディションブラック・スネーク・モーン スペシャル・コレクターズ・エディション
    (2008/01/11)
    サミュエル・L・ジャクソン.クリスティーナ・リッチ.ジャスティン・ティンバーレイク.S・エパサ・マーカーソン

    商品詳細を見る



    以前、映画を映画館へ見に行ったときに予告で流れていた映画。
    ぜひ見たい!と思っていたが、映画館へは時間が合わなくて見にいけず。。。


    DVDが出たので早速借りた。


    想像どおりいたくまじめな映画。


    小さいころに実の父親から性的虐待を受けたことで誰かと繋がっていないと生きていけない女、レイ(クリスティーナ・リッチ)、レイが道に倒れているところを介護しようと自宅につれて帰ったラザラス(サミュエル・L・ジャクソン)。でもレイが暴れるために、ラザラスはレイを鎖でつないでしまう。


    タイトルの'Black Snake Moan'とは、1927年にレコーディングされた、Blind Lemon Jeffersonというブルースミュージシャンの曲だそうだ。


    この映画の終盤には、サミュエル・L・ジャクソン自身がギターを演奏するシーンが出てくる。この映画のためにギターを練習したらしい。黒人というのもあるかもしれないが、いたくはまっていた。


    映画のストーリー展開自体がすごくわかりやすく直接的。
    あれやこれやと詮索する必要のないことがいいところ(かなぁ)。それゆえ抽象的で解釈が割れるところをアレコレと話し合うのが好きな人向きではないですね。


    最後はハッピーエンド。
    比較的絶望に立たされる役回りが多いものの、誰も死なないし不幸にもならない。
    それぞれの人がそれぞれの人の人生で前向きに終わる。


    最初に受けたヘビーそうな印象ではなく、さらっと見れる1本だった。



    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。