--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2007年10月30日 (火) | 編集 |


    9月1日に公開した『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』


    この映画はね、、すごかった。ほんといいですよ。オススメ。
    まったく予備知識がないほうがむしろ純粋にエンターテイメントとして楽しめるようになっていると思います。


    始まってすぐの使徒との戦いのシーンもなかなかによいのだけれど、やはりみどころは最後の“ヤシマ作戦”。


    eva_0



    使徒がものすごくパワーアップ、ド迫力だった。
    途中からトイレへ行きたくてモジモジしてたのですが、そんなことも使徒の攻撃とともにどこかへ吹き飛んでしまいました。


    あと、エンドロールが流れたあとには予告があるので、これから行かれる方は宇多田ヒカルの歌を全部聴いて、席はたたないように。


    予告がこれまた興味をひかせる内容。


    え??何?どーなるのよそれ(目が点)って感じ。ものすごく次回作に興味をひかれます。


    この後は内容をばらすので、まだ観に行っていない人は開かないで!




    あんまり期待が大きいと映画ってしょぼく見えてしまうので、期待を胸に封じ込めて行ってきたのですが、それでもこの新作エヴァンゲリオンは当初大きかった期待以上の映画でした。


    なんなんでしょうね。このクオリティの高さ。
    最近映画館でアニメを観てないのですが、こんな凄いんでしょうか。


    さて今回の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』。
    すんごく気になっていることがひとつ。


    それは使徒。以前の第3の使徒が第4の使徒に、第4の使徒が第5の使徒に、、というように第3の使徒を飛ばして数字が一つずつずれて登場。で、第3使徒がいない。


    この“3”という数字。ヤシマ作戦の場面でカオル君が登場、こんなセリフを吐きます。

    「また3番目とはね」

    カオル君らしい謎な発言。


    一方、シンジはサードチルドレン。第4使徒(元第3使徒)の前に登場してくる、、というあたりから、シンジが実は使徒だったとかの伏線なんじゃないかと妄想中(笑)


    ほんと、どーなっちゃうんでしょうね。この先。


    予告では、エヴァ六号機?が月から来るとか、伍号機や四号機がどーしたとか、さらにリリスがどーのという話も。以前のストーリーから完全に離れそう。


    次回の『破』、早くも観たくてしかたありません。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。