--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2006年11月04日 (土) | 編集 |

    番号ポータビリティ制度。同じ携帯番号を、別のキャリアでも使えるようになった。

    この制度が始まったことで、なんだか世の中が騒々しい。
    0円広告にケチつける大手ケータイキャリア、何万人ウチに移動してきたと鼻高々な某社に、宣伝手法にネチネチと社長自らがわざわざマスコミに向かって話す元国営企業。よせばいいのに、無茶な発表をして社内体制が追いつかず、結局対策に追われる新規参入の某社。

    バカみたいに根拠のない(客観的な調査結果ではない)情報をもとに騒ぐマスコミをよそに、冷静に今起きている事態を見てみると、墓穴を掘った某社よりも大手2社の焦る様子が浮かんで見えるのは気のせいだろうか。公正取引委員会まで引っ張りだして、結局競争をしたいんじゃなく、相手をつぶすことしか考えていないんじゃないかって思ってしまうのは、勘ぐり過ぎだろうか。

    通話料0円の広告、結構じゃないですか。基本料金がかかることくらい、消費者はわかってる。全部タダじゃ会社が成り立たないことくらい、今時の消費者は理解している。広告にケチつけているほうこそ、消費者をバカにしてはいまいか。

    それにアンテナが3本たってるのに、電話やウェブがつながらないことがある某社。意外に使えないこと多いんだよね。そのうえ天気予報を見る事さえカネがかかる。テレビじゃ有料の天気予報と同じ情報がタダで流れているというのに。

    0円広告は意表をついてよかったけど、怒濤のCM攻撃もインパクトがあってよかったけど、インフラがついて来れなかった某社。勢いが勝負なのはわかるけど、インフラ整備くらいメドをたててから発表しなさいよ。ADSLのときと同じ過ちをやってしまったよね。

    誰も勝者にはなり得ない、単なる消耗戦。
    相手をけなしたって印象悪くなるだけ。

    各社独自のサービスを構築して堂々と勝負してみればいい。
    消費者にこんなケータイの使い方どうですか?って提示してみればいい。
    だってたったの3社なんだもの。つぶし合ったってろくなことにはならない。

    ただ、0円広告の会社さんには、ぜひ大手2社の寡占状態を壊してほしい。特に料金。Vodafoneの時代から比較的安かったんだろうけど、もう一声。

    よく考えたら僕はVodafoneだけ使ったことがない。他はTuKa含めて使った事があるのだけれど。

    TuKaは、某大手に買収されてから印象が悪くなった。窓口の対応があからさまにぞんざいになった。たまたま行った店舗がそうだっただけかもしれないけど、なにより、ブランドを廃止しますと直接言わずに、でもやってることはブランド廃止っていう、その姿勢が嫌だ。

    そんなこんなで、この制度開始までは持っているつもりだった個人用携帯のTuKaを制度開始前に解約。結局会社の携帯だけ持っている。新しく個人用携帯を持つ予定は、今のところない。

    さて、まだ仕込み中の伏兵、全くの新規参入の某社はどうでてくるのだろう。
    そこまで見えてきたら、個人ケータイもまた考えてみようかなっと。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。