--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2006年08月18日 (金) | 編集 |

    最近、惑星が12個になるかもというニュースが流れた。
    なんでも国際天文学連合というところで、惑星の定義をちゃんとしようよっていうことで、その定義の原案が提案されているらしい。

    (ここ、冥王星は「惑星」に留まれるのか? に詳しく載っている)

    この定義如何によっては、冥王星が惑星の座を降ろされてしまう可能性もあるとかないとか。

    ただもっと不思議なのは、今まで惑星の定義ってなかったんかい?ということ。よくそんなんでいままでやってきたねぇと宇宙に関する学問の不思議さを感じる。
    科学の世界であれば、普通ちゃんと定義を決めてからカテゴライズするでしょうに。

    今回、14日から12日間の予定でこの国際天文学連合の会合が開かれ、惑星の定義(だけではないだろうが)について議論がされ、決もとる模様。明日から突然惑星が増えちゃいました!ってことになるのか、その中から冥王星が惑星扱いされなくなるのか、さて結果はいかなることに。

    ちなみに僕は、冥王星、惑星のまま残してほしいです。
    だって響きがいいじゃないですか。ミステリアスで。(人間はいつも身勝手なものなのだ)

    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。