--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2006年02月01日 (水) | 編集 |


    かつてちょこっと住んだことのあるシリコンバレー。
    そこにいるエンジニア達や経営者達のパワーはものすごいものがありました。今でもそうでしょうけどね。

    ON/OFFを簡単に切り替えられる地理的な土地柄と、いいアイデアがあればいつでも、躊躇せずに(失敗を恐れずに)事を前に進めようとする人々の意識が作る空気、最新の情報をひとつも漏らすまい、他社よりも前へという緊張感との間にはかなりのギャップが存在していたはずなのですが、なぜか違和感なく同居していました。

    スローペースな生活とハイペースな生活が一緒に存在していた場所。
    とても気持ちのいい場所でした。


    なので、今でもシリコンバレーと名前がつくと反応してしまいます(苦笑)


    一人シリコンバレー創業プロジェクト


    ちょうど1年前の今日、このサイトはオープンしたらしい。
    いくつかの審査を最終選考まで通ると、主催している側が資金を投じて、そのビジネスを大きくすることをサポートしてくれる、また経営者としての成長をサポートしてくれる、そんなプロジェクトのようです。


    主催している会社が二本目三本目の事業の柱を探しているだけとも見えるけれど、応募する側からすれば、経営を教えてくれる先生がいる環境で創業できると考えることもできるので、使ってみるのも手かもしれないですね。ただ39才までという年齢制限ってどうなんでしょう。そこはちょっと気になります。



    ま、僕は、本当のシリコンバレーの空気を吸いに出かけたい気分ですけど(笑)



    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    とうとう出ちゃったね
    うわさは本当だったよ。
    http://himitsu.ath.cx/4
    2006/02/07(Tue) 22:30 | URL  | ゆう #YZdnnNwY[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    最近コンサルタントの会社の方から集客について何かアドバイスがあれば教えていただきたいこんなメールを頂きまして少しびっくりしました。コンサルタントとしては私は新米の新人ですので何かお伝えできる部分は無いと思いましたが一応私の見解だけ述....
    2006/02/02(Thu) 10:36:02 |  倒産から復活への軌跡 2006
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。