--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2006年01月26日 (木) | 編集 |





    日本ってなんか抜けてるよね。というか、こんなに巨大な既得権益はちゃんと表の世界に引きずり出して透明な仕組みに組み替えれば、増税すら不要なんじゃないかっていう、なんとも不思議な世界を改めてまざまざと見せてくれる本。

    そして、逆に既得権って大事だよねって思い知らされる。

    パチンコ業界の問題は、チェック機構が働かないこと。
    その理由も、業界の仕組みをすべて警察が握っていることとなると、ちょっと庶民にはどうにもできないぞ的な印象。

    小泉総理、憲法9条の改正もいいんだけど、こっち先に整理したほうがいいんじゃないのかしらん。だってちゃんと法制化して、法律の抜け道をつぶしたらここから税金とれるじゃない。

    不正による金が朝鮮半島に流れてるとか、いろいろと狐につまされるような話がたくさんあって、つくづく日本って不思議な国だなぁと思う次第。

    社会の窓、ちゃんと閉めておこうよって思った一冊だった。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。