--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2005年11月15日 (火) | 編集 |


    なんだか一気にメジャーになりそうですね。rootkitっていう名前。

    このところ巷を賑わせているソニーBMG製CDの問題。
    いくら著作権を保護するのが目的とはいえ、ちょっとやりすぎ。

    状況がよくわかる記事があったのでリンクを貼っておきます(↓)。

    [CNET News] FAQ:ソニーBMG製「rootkit」CD問題のおさらい

    まぁ、これでもちょっとわかりにくい単語がいろいろ登場してるとは思うのだけど、要は、ソニーBMGはパソコンのすべてをコントロールできる権限を持てるソフトウェアを、ソニーBMGのお客さんであるCD購入者のPCにインストールしてしまっていた・・・というのがコトの発端。

    そのソフトウェアというのが、rootkit。
    そしてインストールされたrootkitを悪用したウィルスが登場している。

    さらにrootkitを削除することは容易でない。というのも、自分の存在を隠した形でインストールされてしまっているから。

    これ、ほんとやっかいですよ。
    削除したくても探しだせないわけだから。

    もっとも検出ツールが出て、その存在がわかるようにはなったみたい。

    ちなみにこんな記事も(↓)。

    [CNET News] これは氷山の一角か--EFF、ソニーのrootkit組み込みCD19枚を発表

    ホレス・シルバーとかデクスター・ゴードンとか入ってるし・・・。

    著作権を保護するためにはユーザのPCに何を入れてもいいって思ってるのかな。PCによっては個人情報の流出にもつながるし、なによりスパムの温床ともなりうる。

    そこまでして著作権って守るべきもの?
    権利を主張しすぎると逆に商品売れなくなると思うんだけど。
    誰がお客さんなのか、わからなくなってるような気がするなぁ。



    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。