--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2005年09月06日 (火) | 編集 |


    [CNET news]ブロガーは見た--ハリケーンに襲われたニューオーリンズの惨状

    ジャズのふるさと、ニューオーリンズ。

    街中をガタゴト走る古い路面電車

    ひろぉ~いミシシッピ川

    のんびり川を行き来するパドルボート

    川岸でサックスを吹く人

    ちょっと郊外へ足を伸ばすと大邸宅が並んでいたりもする。

    そして夜になると街のそこかしこから聞こえてくるジャムセッションの音。

    聞こえてくるのはディキシーランドジャズばかりではなくて、
    ブルースやらフュージョンやらロックやら、
    もうジャンルを超えてジャムっているという感じ。

    アメリカには珍しく夜中になってもメインストリートには人があふれ、
    酒を片手にドンちゃん騒ぎが繰り広げられる街。

    ふらっと入った店で食べるケイジャン料理。
    他の土地とは一風変わった味付けがなかなかに美味だった。


    あの風景がだいぶ壊れてしまったみたい。

    自然には逆らえないとはいえ、人の手による災害(火災や窃盗)もおきているようでせつなくなった。

    ジャズ博物館ってのもあったよな。
    ルイ・アームストロングが使っていたとされるトランペットが飾られていたっけ。
    今、どうなってるんだろうか。


    被災された方々にお見舞い申し上げます。

    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    > 管理人様

    TBありがとうございます。
    ジャズの都が一転、地獄絵図になってしまったようでありますね。
    何時回復できるのかは分かりませんが、おそらくジャズが再び聞こえた日こそ、回復の始まりでありましょう。
    2005/09/07(Wed) 12:22 | URL  | tenjin95 #-[ 編集]
    tenjin95さん、コメント&トラックバックありがとうございます。
    そうですね。ほんとそうだと思います。
    願わくば、ニューオーリンズの文化まで水に流されないことを。。
    2005/09/07(Wed) 15:26 | URL  | ばーど #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    ニューオーリンズのポイドラス通り沿いにある27階建ての超高層ビルのなかで、あるインターネットドメインホスティングサービス企業の社員が、大型ハリケーン「カトリーナ」上陸直後の混乱の様子をブログに記録していたそうです。ハリケーンに見舞われる直前から、食料、水
    2005/09/07(Wed) 00:03:48 |  「モノ」が好き!
    Yahoo!ニュース - CNET Japan - ブロガーは見た--ハリケーンに襲われたニューオーリンズの惨状至る所で、ブロガーによって発信される情報は、なるほど非常に一面的な見方に過ぎないという批判をすることは可能ですが、されど、その一面が全世界の一部を具体的に切り出したも
    2005/09/07(Wed) 12:23:13 |  つらつら日暮らし
    ハリケーンカトリーナによる堤防の欠陥調査をおこなうため新たに全米16組の技術者を選定した。陸軍工兵隊の連邦調査チームと土木学会からの土木技術者チームによって既に実施された調査結果をチェックする。新しい組織が出すレポートは、堤防の欠陥を調査し、国会によって認
    2005/12/24(Sat) 04:37:18 |  Help Neworleans
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。