--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2005年09月05日 (月) | 編集 |


    こんな本を読みました。
    『成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語』




    会社をリストラされた男が起業し、会社や家庭で勃発する様々な事象に立ち向かっていくお話です。

    起業してからどうやってお客さんを増やしていくか、どういう商品をどういうタイミングで市場へ出したらよいのか、という起業に関する話から、社内の人間関係の移り変わりと社長としての立ち位置の変化といった人間関係の構築の仕方、企業が急成長することによって出てくる様々な歪への対処、といった話がひとつの物語として描かれています。


    ひとつの企業が立ち上がったとき、その成長の過程では、どこかで働く人が入れ替わっていくのではないか、会社の体制が変わっていかなければならないのではないか、と自分は思っていました。会社の立ち上げ期と成熟期では、必要とされるタイプの人が異なるように感じていたのです。

    この本によると、その考えはあながち間違ってはいなかったようです。かといって、創業期のスタッフが辞めていかなければいけないということではなく、役割が違っていくことを知っていれば、創業時のスタッフがうまく立ち位置を変えていくことで、後から入ったスタッフともうまく融合してさらに会社を大きくすることができる、ということが読み取れました。


    ま、現実はこうはうまくいかないですけどね。
    でもなかなか面白い話でした。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    この記事へのコメント
    > 会社の立ち上げ期と成熟期では、必要とされるタイプの人が異なるように> 感じていたのです。

    そのとおりだよねぇん。いろんな企業の本みても、経験からしても、どっかでそういう時期をうまくのりきるか否かっつーのは、大事ですなぁ。。
    大きくなっているところは、それを乗り越えてるさ。
    ちなみに今のうちがそんな状態。創業時のメンバーがそれを理解してうまく立ち回ってくれるとは考えづらい。。ちょこちょこやめてってるし。

    どっかのNo2が反乱起こそうとして失敗してたりするし。。
    2005/09/06(Tue) 01:38 | URL  | tako #-[ 編集]
    役割的に、起業家、実務家、管理者、まとめ役の4つがあり、その4者が適切なタイミングで力を発揮してうまくバランスをとることができると、企業の成長が持続するようなことが書いてありました。企業の成長曲線のいずれかのタイミングで表に出てくる人が交代するんだそうです。

    起業家と実務家(No.2)はぶつかりやすいともあったね。
    どこかで何回か目にしている光景なんで、妙な納得感が・・・。
    2005/09/06(Tue) 10:16 | URL  | ばーど #-[ 編集]
    昔のsunってそんな感じかなあ...。
    2005/09/07(Wed) 01:00 | URL  | isidore #-[ 編集]
    へぇsunってそうだったんだぁ。。

    ちなみにbeamsはもろそんな感じです。でもそれからさらに大きくなっていきました。あとちょっと違うけど、フサイチの親父も一度側近に裏切られてやめさせられております。
    2005/09/07(Wed) 01:37 | URL  | tako #-[ 編集]
    アップルも、かつてはそんな感じでしたね。

    ちなみに、
    起業家 ... イケイケドンドンの将軍閣下
           (どっかでブレーキかけないと会社が破綻する)
    実務家 ... 起業家のイメージを実現化する魔術師
           (いつも残業しまくりで、そのうちにキレル)
    管理者 ... 字のごとく。社内統制を固めていく人
           (この人が必要なのは企業が大きくなるとき)
    まとめ役 ... 社内の母親的役割。社員同士をつなぐポジションで社員の心の支えになる人。
    だそうです。

    ほんとに3時間で読めちゃいました。この本。

    2005/09/07(Wed) 10:57 | URL  | ばーど #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。