--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2010年01月30日 (土) | 編集 |

    テレビで本人でない六本木心中が流れてたのを聞いて、本物が聞きたくなった(笑)





    吉川晃司って、六本木心中と同じ時代だったのね。





    同じ時代を生きていた世代はみんなそうだと思うけど、この曲には強烈な印象が残っている。カラオケ行って、選曲に困ると持ち出したりするし。


    六本木という海外っぽいイメージの土地をテーマにしてるのに、櫻吹雪っていう和の言葉が含まれていて、何度聞いてもドキッとするんだよね。


    ロックンロールだねー。



    スポンサーサイト
    テーマ:音楽のある生活
    ジャンル:音楽

    2010年01月25日 (月) | 編集 |


    最近、ブログの更新がほぼなくなっているのだけれど、その一方で、2009年の5月にアカウントを取得して以来休眠中だったtwitterでついったーしている。


    適当に興味をもった人をフォローして、タイムラインを追っていくと、複数の人の脳みその中身をぶちまけてもらっているみたいになる。タイムラインは時系列で飛び込んでくるから、フォローした数人の人の頭の中がランダムに、ほんとに断片的に、いろいろな話題がやってくる。


    この量たるや恐ろしい。圧倒的な情報量が必要・不必要に関係なく飛び込んでくる。この衝撃は、インターネットが普及しだし、ブラウザがようやくその役目を果たすようになり、検索性能が上がってきた当時のころに似ているような気がする。


    でも、慣れてくると適当に情報をさばいていっている自分がいるから面白い。人間の脳って一体どうなっているのだろう。


    そんなtwitterでタイムラインを追っているときに拾った情報。


    YouTubeで始まったMusic Discovery Project


    これは、検索窓にアーティストの名前を入れると、そのアーティストをキーワードにしたプレイリストを並べてくれるスグレモノ。しかもプレイリストを順に再生してくれる。


    YouTubeで曲を聴いていると曲の終わりが速いので、YouTubeに張り付いてしまい、“ながら”作業ができなかった。でもこれがあれば大丈夫。好きなアーティストの曲や似た曲を流し続けられる。


    ぜひぜひ。プロジェクトで終わらずにサービス化してほしい。


    直接アーティストが検索されるわけだから、本人のアカウントであることを確認できたtwitterアカウントでも使えば、その著作権料を、著作権管理団体の手を介さずに直接アーティストへ支払うような仕組みもできそうな気がするね。


    権利にしがみついて、いかにもアーティストを保護してるんです的な顔をして中間マージンを取る商売、そろそろ終焉かな。



    テーマ:音楽のある生活
    ジャンル:音楽

    2010年01月10日 (日) | 編集 |

    会議。


    一時期よりも減ったけど、それでも多い打ち合わせの時間。
    何をそんなに打ち合わせなければいけないのかわからないけど、メールで済む話も時間を押さえて会議してたりする。そんな課題に対してライフハッカーな人からの提案。気になってチェックしてみた。



    現役員が語る、Google式会議効率化の6つの法則

    コツ4 スタッフとの面談や打ち合わせのためだけに使う時間を確保しておく

    1と2はまぁ当たり前なので、4は試してみたことがある。そのときはうまくいかなかったけど、それって上司の割り込みが多かったせい。今はこっちから報告にいかないと、まず上から降ってくることがないからうまくいくかも。


    会議時間を効率的に短縮する4つのコツ

    3に関係して、会議室にパソコン持ち込ませない ってやりたいんだよね。
    パソコンでメールチェックしてばかりいて、話をまともに聞いてないから結局会議の時間がのびて、どうせ仕事だって進んでない。

    でも、内職していなくてもたまに意識が飛んで話を聞いてない僕みたいな人間もいるから、効果は半分くらい?(笑)


    両方に共通している時間管理。ストップウォッチは効果的か否か。
    無理やり議論を遮るって、なかなかできないんだよね。冷酷にブチっと遮断できればいいのだけど。



    テーマ:仕事の現場
    ジャンル:ビジネス

    2010年01月09日 (土) | 編集 |

    最近、大企業のウェブサイトが被害にあっているため表に出てきたGumblar(ガンブラ―、通称GENOウィルス)。
    ISP系の企業ではすでに騒ぎの峠は超えているはずだけれど、感染の結果改ざんされたWebサイトを参照(ブラウジング)するだけで感染してしまうので被害が大きく、あまり油断はできない。


    で、個人PCもやられると嫌だなぁとおもってちょっと調べてみたら。


    (GENOウィルスまとめサイトから一部転載 ここから)

    Windows Vistaでの感染確認方法

    ウイルスのほうで攻撃対象をXPと2000に絞っているので、余計なことをしなければ感染しません。
    それにVistaはUACという機能がデフォルトで有効なので、適当に許可しない限り大丈夫です。

    (GENOウィルスまとめサイトから一部転載 ここまで)


    このウィルス、Vistaだと感染しないのだと。


    個人としてはほっとしていいところだけど、裏をかえせば、このウィルス、明らかに攻撃対象は企業サイトってことになる。企業はXPがまだ主流だもんねぇ。


    でもこのウィルスの作成主の目的は何だろう。
    少なくともID/Passwordをゲットできるから、そのリストを売るのかな。



    (2010.01.12追記)
    よくまとまってるサイトだったので貼り付けときます。
    国内のWebサイトの改ざんが拡大中

    2010年01月05日 (火) | 編集 |

    あけましておめでとうございます。


    今日の月は、手が届きそうなくらい近くにあって、下側3/4くらいが不気味に黄色く、しかもとても大きく浮かんでいます。写真に写そうと思っても、なかなか月ってキレイに写せないんですよね。残念。


    私にとっては、この月が象徴しているような気がする波乱から始まった2010年。
    温厚な(でも実は冷たい)私が、親と冷戦に入りました(笑)


    自分のことさえ、自分の血のつながった家族・兄弟姉妹さえよければ、それでいいという考えの人は嫌いです。正直、家族という単位を定めるから、小さく守りに入ってしまうから、世の中悪くなっていくのだろうと思ってます。


    目の前で困っている人一人助けられなくて世界がよくなるのでしょうか。


    ・・・とまぁ、わけのわからない話はこの辺にして。


    暗い話ばかりではなく、これから向こう3年は楽しみでもあります。


    人の意識が変わる、社会の枠組みが変わる、日本が変わる、世界が変わる、そんな3年間になりそうなので。


    すでに予兆は現れていると感じます。
    一度は、徹底的にどん底まで沈みそうですが、その後の反動はとても大きいのかもしれません。


    世界の変化にうまく乗れるか。
    無理せず焦らず、自分を見失わないようにして歩んでいこうと思います。


    本年もどうぞよろしくお願いします。




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。