2009年09月30日 (水) | 編集 |


    グーグルが新OSを開発、アプリはネット上で動作

    搭載PCの発売は2010年秋
    グーグルがついにOS(オペレーティング・システム)の開発に乗り出す。その名も「クロームOS」



    来た来た。
    ついにGoogleがまた一歩踏み出した。


    OSがブラウザのバックエンドソフトになってしまう日も間近。


    アプリケーションはすべてWebアプリケーションに。
    フツーの個人PCであれば、基本これでオッケー。


    法人向けの汎用Webアプリケーションをサービス提供している、いわゆるSaaS提供会社は、これから1年、ますます増えるでしょうね。


    そしてWebアプリケーションを提供する会社の国境は無きに等しくなり、日本のソフト業界は下降傾向・・・かなぁ。。。


    しっかし。Googleは、このOSもタダで配るのか。
    マイクロソフトもまたまたOSの買い控えに悩みそうだね。



    スポンサーサイト


    2009年09月26日 (土) | 編集 |


    Googleのミッション
    「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスでき、使えるようにすること」


    Googleがこのミッションを掲げて何年たったかわからないけど、実際に情報を集め、巨大な電子脳とでもいうべき情報のデータベースを作ってしまった。欲しい情報は、まずGoogleに聞く。昔は親や兄弟や友達や近所の人に聞いていた情報。それをGoogleに聞いてみるようになった。


    パーソナルコンピュータが普及したおかげで、ケータイやPDAが発達したおかげで、人の脳の中に情報をためておく必要がなくなり、今や自分のコンピュータの中に情報をためておく必要もなくなった。


    そしてTwitter。
    人のつぶやきが、多くの人へ瞬時に伝わるようになった。
    同じことを考えている人を、ちょこっとツールにつぶやくだけで見つけられるようになった。大げさに言えば、感性の似た人を探せるようになった。


    これらの道具で人間同士の脳をつなぎ、1人1人の個の意識の集合体としての人間から、人間という種族としての意識が形成されつつあるのかなと思う。


    自分が自分がと言っていられる世界ではなくなりつつある。単なる我が儘な発言があれば、叩かれるか無視されるかすることになり、簡単に反省させられる土壌ができつつあるとも言える。


    もちろん自分の意思で、これまでと同じ、個の世界に居残ることもできる。
    これらのツールを使わなければいいだけだ。


    さあ。どうする。





    2009年09月25日 (金) | 編集 |


    CISSPって何ですか?(苦笑)


    ポイント稼げない・・・。
    1年で最低でも20CPEって、ハードル低いけど、でもきつい。


    最近失効する人が多いって聞いたけど、その仲間入りするのかなぁ。。。





    2009年09月24日 (木) | 編集 |


    ちょっと前のGIZMODOの記事・・・。


    時間と宇宙と次元と(動画)


    宇宙の始まりがビッグバンで、その前には何も宇宙には存在していなかった(無であった)という説は、僕は正直信じていない。無から何かが生まれるのか、という点に大きな疑問を感じている。


    誰も確かめようがないし、宇宙の始まりに関してはどんな学者がどういう説を唱えたとしても、現段階では仮説に過ぎない。だから、まぁ宇宙の話はおいとくとして・・・。


    その後ろにある、次元の話。
    これはとても興味深い。


    1次元から3次元まではすんなり理解できる。だって今すんでいる空間そのものだから。
    問題は4次元以降。


    時空という言葉があるように、時として時間と空間は別のものと捕らえられることが多い(ように思う)。だから時間が4次元めだよね?なんてことを問うてみると、修士様から、「え?なにそれ。空間にもうひとつ座標が書かれたとき4次元が生まれるのであって、時間はそれと別でしょ?」なぁんて怒られる(というか、すでに怒られた)。


    ここの説明によると、4次元めは時間ととらえている。
    やっぱそうだよねぇ・・・。


    でも僕らは、3次元の空間に生きているので、4次元が具体的にどういうものかを見ることはできない。5次元に住むことができれば4次元の世界をみることができる。ということは、5次元に生きていれば、時間軸にそった、各時間における自分の状態を見ることができるはず。


    じゃ、5次元て何だ?となると、4次元を難なく見渡せるわけだから、3次元空間で1次元を見るように、時間時間その瞬間の断面を見ることができる・・・ということか。


    そして6次元だと、連続した時間時間の断面を見ることができ、行き来も自由自在。あの時間の自分にアクセスしようとしたら、それは何らかの手段を使ってできるはず。3次元空間なら、車や飛行機などの移動体を使ってその場所へ行けるわけだから。


    つまり5次元以上の世界では、時間を含めて移動ができる・・・ということだろうか。


    そうなると、5次元以上の世界では意思の疎通はどうなるのだろう。肉体はもしかしていらない?意識だけが存在するようになるのかな。


    ・・・となるとですよ。今読んでいる本とつながってくる。
    でも話が長くなるので、また今度ということで・・・。


    それにしても、7次元以上になると、ほんとに訳わからない。
    ただ、記事のコメントにあるようにこの話は古いのかもしれないけど、でも概念を理解するにはちょうどいいような気がする。新しい話って、例のひものことなのかな。


    過去にこんなことも書いた。
    当分答えが出ないだろうこと


    今、僕らが認識している時間、これももしかしたら見方を変える必要があるのかもしれない。
    だって、今ここで書いている“時間”は、普段認識している60進法と12進法の単位で表現される時間である必要はないのだから。




    2009年09月19日 (土) | 編集 |

    Blue Reversi for iPhone and iPod touch


    iPhoneのアプリのオセロなんですが、、、
    とにかく勝てない。


    フリー版だと、レベル1~3まで遊べる。
    (有料アプリだともっと上のレベルまである)


    で、やってみたところこんな感じ。


    レベル1 ・・・よゆー
    レベル2 ・・・むむっ でもなんとか勝利。
    レベル3 ・・・うー、勝てねーー (-_-;;


    レベル3、何度やっても跳ね返される。


    確かに2回くらいは勝ったのだけど、盤を埋めきって戦いきって勝利したわけではなく、どうもアプリが勝ちを譲ってくれたかのような、途中で「あれ?真っ黒になっちゃった」てな勝ち方。


    どーにも納得いかん。


    というわけで、オセロしまくっており、ブログの更新は滞り中。


    うー。



    テーマ:iPhone
    ジャンル:携帯電話・PHS

    2009年09月17日 (木) | 編集 |


    む、ムササビ!?











    2009年09月16日 (水) | 編集 |


    明日、人間ドックの日。
    前日、つまり今日の午後8時から絶食中。
    水もダメ。


    毎年やってくるこの拷問。
    果たして健康にいいのか悪いのか。


    体重計、乗りたくないな。



    体重計と言えば、、、


    人間、好きなことをやるべき。
    少なくともストレスを楽しめるようなこと。
    人に振り回されてる状態(体重が増えるようなストレス)はよろしくない。


    そして、
    純粋に好きなことをやろうとしたときに合わせて考えるであろう、


    「自分は何をすべきか」


    という問いかけの答えは、


    「自分は誰の犠牲になり奉仕するべきか」


    ではない。


    外的要因に振りまわされず、
    自分の内的要因に正直に従う。


    それが大事。


    つまり、体重を減らすためには、自分の心の思うことをやる。


    ・・・だよなぁ。。



    テーマ:楽しく生きる
    ジャンル:ライフ

    2009年09月11日 (金) | 編集 |


    以前このブログに書いたかもしれないけれど、こんなことを考えていた。


    公衆電話があるんだから、そろそろ公衆PCがあってもいいんじゃない?


    誰かに話したら、「そんなの誰も使わないよ」と鼻で笑われた記憶があるけれど・・・。


    でも、某ホテルには3分100円で使える共有のPCが置いてあるし、今この記事を書いているPCは、某カフェに置かれている40分100円で使える共有のPCなわけで。


    あったら意外に使う人はいるんじゃないかと、やはり思っていたりする。


    ウィルス対策ばっちりで、パッチも定期的にあたってるPCだってことを保証すれば、さらにUSBタイプのシンクライアント端末とカード認証の仕組みでもあれば、会社のちょっとした仕事だって自宅のPC画面を公衆PCで呼び出すことだって可能。どんなに軽くても1kgはあるノートPCを持ち歩く必要はなくなる。


    個人的には、公衆PCからブログをアップできたら思いついたことを忘れないうちに書けて嬉しいかも。


    iPhoneでブログの記事を書くってことにもトライしてみているけど、パソコン用に作られた画面・・・特に記事を入力するような大き目のフォームへの書き込みはちと辛く、専用のアプリがないと快適とはいえないなぁと思っているし。


    どうなんでしょうね。


    ネットワークをきめ細かく張るのがちと面倒だけど、、、
    と思ったけど、WiMAX用の通信カードを備えさせて都度通信させればいいのか。


    でも、それじゃパッチとかウィルス定義ファイルの更新がうまくいかないか。
    うーん。。


    まぁ、実現できるとしても三大都市圏限定なんでしょうけどね。
    なぜって、車で移動できる地方の場合、ノートPCの持ち運びは苦じゃないはずだから。





    2009年09月10日 (木) | 編集 |


    20090910082428



    文句のつけようがない空だ。




    2009年09月04日 (金) | 編集 |


    20090904211853



    予想外に帰宅に時間がかかり、疲れたので休憩中。


    一口でお腹が冷えてきた。
    ホットにすればよかった。。。


    サンマルクカフェの夜のパン、持ち帰りは割引の対象外だそうだ。店内で食べると割引あり。




    2009年09月02日 (水) | 編集 |


    まだ夜も明けていない時間。


    白い軍手をして新聞紙の数を数えている。
    周りを見ると、同じように作業をしている人が数人。


    突然、新聞販売所の親分みたいな人と話している。
    どうも立場は対等みたいな感じ。
    でも、なんだか自分のほうが偉そうだ。


    あれ?さっきは新聞紙を数えてなかったっけ?
    風貌も下っ端っぽかったんだけど。


    なぜか配達には出なかった。
    配達に出るみんなを見送ったような気がする。


    でも次の場面。
    新聞を載せた自転車の脇にたたずむ自分。
    たまに見かけるネコがいる。


    知ってる。この路地。
    うちの近所だ。


    ・・・


    目が覚めた。
    時刻はまだ朝6時前。


    どうやら新聞配達屋さんになった夢を見たらしい。


    これは、、、
    いったいなにを見たんだろう???
    珍しく夢を覚えていたのに、意味がわからない。


    ところで。


    夢と言えば、以前、白い蛇が出てきたことがある。


    その白い蛇は、
    夢の中で自分の手をすり抜けていったと思ったけれど、


    夢を見た当日の東京競馬場。
    白枠の馬を買ったら当たった。。。


    白い蛇の夢は確か幸運の象徴。


    じゃ、新聞配達屋さんは?