2009年03月31日 (火) | 編集 |

    今日たまたまチャンネルをあわせたテレビ朝日の報道ステーション。
    そこで、イチローのWBCを振り返ってのインタビューをやっていた。


    ○10回表の2人を返すタイムリーヒットの場面


    あの打席では、あまりの緊張感・怖さから不安がよぎり、その不安を消せないとわかったこと。

    不安を消せずこういうときはうまくいかないとわかっていたからこそ、逆に頭に思い浮かんだ弱気な考えを受け入れ5球目まで自分で実況中継していたこと。

    5球目のほぼワンバウンドのボールをファウルしたことでヒットが出ることを確信し、実況中継がやんだこと。

    なぜヒットを確信したのかといえば、あのボール球を打てると思ってバットを振れたこと。

    2塁まで走ったあと、あまりの高揚感にベンチを見れず、挙動不審になったこと。


    ○もう負けれらないキューバ戦


    心が折れたときのつらさ。

    片岡らチームメイトがイチローのユニフォームの着こなしを真似して勇気づけてくれたこと。

    イチローが不振な分をカバーしようと頑張ってくれていることに気づいたこと。


    ○全体を振り返って


    最後の最後でヒットを打って勝てたことに達成感や誇りをもてたのではなくて、不振の中で全力で取り組んできた自分の姿勢に誇りをもてたこと。


    などなど、WBCを通じて感じた内面を語っていた。


    たまたまチャンネルが合っただけでも儲けものだったけど、でももう一度見たいインタビューだった。YouTubeに誰かアップしてないかな。


    イチローは、答えるときに全然かまないし、“えー”とか“あー”とか言わないし、伝えたい言葉をストレートに表現しているように見えるし、そういうところにも常に感心しっぱなし。


    こんなすごい人が同じ人間だとはとても思えないんですけど。。。



    <2009.3.31追記>
    報道ステーションでのこのインタビュー、ニュースにもなったみたい。
    イチロー、WBCを終えて心境語る…2つの「覚悟」


    スポンサーサイト


    2009年03月29日 (日) | 編集 |

    ケータイを作るとゴリラが虐殺されるんだそうだ。


    ケータイに必要なコルタンという鉱石がゴリラの住む森に埋まっているらしく、コルタンを採掘して売るために現地では森を拓く。結果、ゴリラが森を追われることになっているのだと。


    ゴリラを守るためにケータイを使い、ケータイを作るためにゴリラが森を追われる。


    不思議だね。
    これも生態系の一部なのか、人間が余計なことをしているために起きている自然破壊なのか。


    僕は、なんでもかんでも自然を守ればよいとは思わない。


    ダーウィンの進化論が正しいなら、生態系も少しずつ進化するはず。だから、昔の状態に戻そうということも、今の状態を“無理に”維持しようとすることも、それはそれで自然の摂理に逆らうことになるのではと思うからだ。


    現実に起きていることは、間違いなく起きていること。
    だから貧困の中で暮らしている人々の現実に対しても向きあわないといけない。考えないといけないのは、現実が許容できる事実なのか、許容できない事実なのか、そしてなんとかの一つ覚えのように過去に戻そうとするのではなく、最適解がどこにあるのかを探すこと、なのだろう。


    とはいえ、
    僕には、この件についての最適解はわからない。
    消極的だけど、自然と落ち着くところにたどりつくことを待つのかしら。


    コルタンとゴリラの関係とは・・・




    2009年03月28日 (土) | 編集 |

    アース スタンダード・エディションアース スタンダード・エディション
    (2008/06/27)
    地球

    商品詳細を見る



    見ました。earth(地球)。


    ま、見てください。地球Love!な方。自然Love!な方。
    ・・・Love!な方は言われるまでもなく見てるよね。


    とにかく地球。自然。
    北極から南極まで、そして最後は北極。


    よくぞ撮ったなーと思える映像満載。


    私的に好きな映像は、
    ヒマラヤの山中から山の頂を越えて見える星の海。
    そして、ペンギンの群れが小さく写る頭上に広がる南極のオーロラ。


    美しいです。
    撮影隊の執念を感じます(笑)


    そして最後に思った疑問。
    ゾウって何のために存在してるんだろう??ということ。


    そして感じたこと。
    生き物には意識がある、感情もある、言葉も持ってる、ということ。


    四足を持った動物を食べてはだめだという日本古来の教えは正しいね。
    なんか、感覚としてすごくはっきりわかった。


    あとあと、、
    とにかく自然はうまくできている。


    鳥のひなが木の上から初飛行(といってもほとんど飛び降りてるだけなのだけど)。
    でもそれを可能にするのは、地面いっぱいに敷き詰められた落葉樹の枯葉。枯葉がクッションになるからこそ、ひなが初飛行できる。
    すごいよ。完璧。


    なんか、そういう普段気にもとめない部分に目をいかせるっていうことにこの作品の素晴らしさがあるんだろうね。




    2009年03月27日 (金) | 編集 |

    3/25(水)
     休みを取っていたので、朝の会議だけ出て帰宅。
     帰宅したら、家の近くの交差点で事故。
     どうやらタクシーと出前途中のバイクの事故らしい。
     救急車が来ていて、警察が向かってくるところだった。


    3/26(木)
     朝、出勤途中。
     家を出てまもなく、自分のことを抜いて行った自転車(おねえさん?
     おばさん?)が交差点で別の自転車(男子高校生)とかなりの勢いで接触。
     幸いにも転倒には至らず。2人ともその場を去って行った。


    2月下旬だったか3月初旬には、自分が住んでいるアパートの1Fのある部屋で何か事件があったらしく、警察が来てた。その後その部屋の住人はすぐに引っ越していった。


    さらにその前、3/25の事故と同じ交差点近く、自分が住んでいるアパート前の細い道で、なぜか車が道路の両側の家の壁と壁に車の前後をはさんでとうせんぼ。スリップしたとしても起こりえない、というかありえない事故があった。


    ちなみに2007年ころ、事故にやたらと遭遇した時期があった。
    近所で殺人事件も起きた。
    そのころのような、この付近の空気だか時空だかがおかしいのかなと思う雰囲気が、また最近出てきている。隣の高級マンションでは、精神的におかしくなってしまっていると思われる奥さんがたびたび叫んでいるし。


    やっぱり引っ越し・・・したいなぁ。




    2009年03月25日 (水) | 編集 |

    すげー。WBC二連覇、ほんとにやっちゃった。
    今日は1打席目からイチローがヒットを打ったから、これは勝ったと思ったけど。


    でも、ダルビッシュ、演出しなくていいよ。ほんとドキドキした(笑)
    イチローはおいしいとこ持ってくわー。さすが!!
    10回表のセンター前ヒット。敵を突き放した2点タイムリー。
    あれは間違いなく後世に語り継がれる一発だったと思う。





    おめでとう!侍ジャパン!!
    今日は仕事にならなかったよ。





    「最後に山に登れてよかったです」
    ほんとよかったです(^^)


    MVPは、松坂じゃなくて岩隈にあげたかったねー。





    2009年03月24日 (火) | 編集 |

    WBC準決勝 日本vs米国

    第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)の準決勝、日本vs.米国が23日(日本時間、以下すべて同)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われ、日本が9対4で米国に逆転勝ちを収めた。

    1回に松坂がいきなり本塁打を許した時、イチローと岩村は、ともに前回大会の米国戦を思い出していた。イチローが先頭打者本塁打を打った試合は、3-4でサヨナラ負け。イチローは「(先頭アーチは)縁起が悪い。勝ったと思った」。岩村も「強がりじゃないけど、逆に引き締まっていいんじゃないかと思った」。気持ちの切り替えは、すぐできていた。



    素晴らしい!
    優勝まであと一つ。

    いっけぇぇぇぇぇ!!!





    2009年03月23日 (月) | 編集 |

    PHOTOHITOより
    ブルーモーメント


    夕方、日が沈んですぐのころ、街が青に染まることをご存じだろうか。


    私の場合、会社をだいたい20時とか21時に出てくることが多いので、この瞬間に外にいるということがあまりないのだが、この青に染まる時間帯の街は、いくら喧騒の中の東京といえど、一種独特な世界になる。青の濃淡のみで表現される街。それは、絵の具では到底だせそうにない、薄いとも濃いとも言えない青。


    このときの青色の名称を思い出したくなり、しばらくgoogleと相談していた。


    漠然と言葉を探しつつググるのだが、なかなか出てこない。ようやく、以前メトロミニッツというフリーペーパーで特集されていたよなぁという記憶が甦り、メトロミニッツを頼りに探していったらついに発見。


    それが、「ブルーモーメント」。


    見つけた当初はこの言葉になんとなく違和感があったものの、いくつかのブログで、おそらく私が記憶していたものと同じであろうメトロミニッツの特集を指していたので、この言葉で正しいに違いない。


    そして見つけた「ブルーモーメント」というタイトルがつけられた写真。


    最初、富士山だと思わなかった。
    とても印象に残るやさしい富士山が写っている。


    今週は夕方18時すぎに会社を出る機会が多い。
    こんなブルーを久しぶりに眺めてみたい。





    2009年03月23日 (月) | 編集 |

    3/23の週は、遅帰りウィーク。
    久しぶりの再会やら送別会やら退会のご挨拶に出席する集まりやら。。。


    おかげで全然休めないじゃないか。
    いやはや年度末だね。





    2009年03月19日 (木) | 編集 |

    このCM、なんか好き。

    世界中でAGC~ロシア夜』篇

    夜11時からの12チャンネル、ワールドビジネスサテライト
    そのCMとしてよく見るんだけど。


    このロシア夜篇の30秒ものが僕のお気に入り。
    男の子3人のいかにもロシアな踊り、決してうまくはない歌。
    舌をかみそうなコロコロした歌詞。


    ↓特にこのフレーズのあたりが、背筋をくすぐってくれる
    Prekrasno vsyo my uchim, ponemaem
    Horosho vsyo bez truda spoyom


    ただ、たまに頭の中をかけめぐるのは、Centrino2のCM(ダンス篇)の方なんだよな。




    2009年03月13日 (金) | 編集 |


    私は直感とひらめきを信じます。
    自分は正しいと感じますが、それを知っているわけではありません。

    アルベルト・アインシュタイン



    自分が正しいと感じること。
    なんだかよくわからないけど、こうだと思うこと。


    口に出して人に話してみたりすると、たいがい否定されて最終的に主張しきれなくなることもあるけれど、内心、いやぁやっぱこうだよなぁ・・・なんてことはしょっちゅう。


    理由は論理的に言えないことが多い。
    『なんとなくそう感じたんだ。』
    ただそれだけ。


    最近は周囲の反応にもすっかり慣れ、信じなきゃいいけどさというノリでやり過ごす。
    信じてもらえるように説明できないのだから仕方がない。


    アインシュタインも同じだったんだろうか。
    僕などの直感とはまったく次元が違うけれど。


    直感を最終的に理論と数式という形で現実のものとし、そのうえで誰かが自分の理論を否定する可能性を示唆する科学者の言葉。示唆どころか自分の理論を越える理論が出てくることの期待すら見えてくる。


    『僕は正しいと思うんだけど、正しいと知ってるわけじゃないんだよね。あんたはどう思う?』と。


    深いよ。深い。





    2009年03月12日 (木) | 編集 |

    さて!来年度から別の会社に!!


    ・・・と思っていたのだけど、転職のタイミングをはかり始めると景気が悪くなるという妙なジンクス、しかも今回の景気の悪さはこれまでの比ではないらしく募集が大変少ない、という状況下、結局今の会社に居座ることとなっている。


    そうこうしているうちに、来年度からお隣の部署も預かることに・・・。
    部と配下のチーム2つのリーダーを兼務。
    おまけにチームリーダー候補は社内にはいないときた。
    しかも自分が手を動かさないといけない範囲は今のところかなぁり広い。


    人数は多くないけど結構重要な仕事を担ってるし、まずは人の手当をなんとかしないとマジ死ぬぞ・・・て感じ。まずは某ベンダーが作って置いていった基幹システムの設計書とコードを読み解いて、定常運用まで持っていける人材が欲しいのだけど。。。


    大きいたまちゃんにテクニカルアドバイザーとしてきてもらって、もう一人誰か手を動かせる人に来てもらって、、、なんて妄想してもダメかな。


    あと、チームリーダーも欲しいのですがぁぁ!!
    誰か一緒にウチの会社の中をひっかきまわして楽しいことしませんか(笑)





    2009年03月09日 (月) | 編集 |

    ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]
    (2008/05/23)
    グレン・ハンサードマルケタ・イルグロヴァ

    商品詳細を見る



    恋人に逃げられ未練を持ち続けながら路上のミュージシャンを続ける男性と、夫と別居状態の女性の間に芽生える恋心を音楽にのせて描いた作品。お互いの寂しさから生まれた恋心はハッピーエンドとはならず、、、。


    最近見ている映画は、なぜか男性側がイジイジしている映画が続いてる。
    この作品の場合、いつまでも夢を追いかけず、逃げた恋人も追いかけない主人公。彼女と出会うことで、ロンドンへ恋人を追いかける踏ん切りをつけ、デビューも果たすべくデモCDをスタジオで作成する。


    こういう映画を立て続けに見てるのは、なぜだろう。もちろん描かれている男性像は、前向きに終わるものとある意味後ろ向きに終わるものといったように異なるのだが。
    自分がなかなか前に進めずにいることへの気付きを与えるためか。それとも・・・。





    2009年03月08日 (日) | 編集 |

    DVDプレイヤーが壊れた。
    確か1年から1年半前にツタヤで買った5,000円くらいの安いプレイヤー。


    やっぱり安物は耐久性に問題ありかぁ。





    2009年03月08日 (日) | 編集 |

    イチローが目覚めた!


    復活イチロー、打線けん引=真価発揮の3安打【WBC】
    WBC・日本大勝、2次ラウンド進出


    尊敬する人は誰?と小さい頃は何かというと聞かれたような気がする。
    昔は人に興味がなかったせいか、その質問に明確に答えを返せたことがなかった。
    歴史上の人物も、現役のいわゆる“偉い”人たちも、身近な先輩たちも、別にすごいと思ったことはないし、ましてや目標にしたくなる人はいなかった。


    でも、イチロー。この人がその状況を塗り替えてくれている。
    ここ数年、僕が非常に興味がある人であり、特に、“尊敬”という言葉を使える人という位置づけで、自分の中の一等席に座っている。


    講演とか書物とか、このブログのようなものもそうだが、言葉というものは、その人が発する裏側をものすごく表現する。同じ言葉を使っていても、その言葉を使った人が深い思慮や努力の結果として使った言葉か、他人の受け売りなのか、それは明快に現れる。


    イチローの言葉は重いし深い。
    それは、その後ろに隠れている努力が見えるから。


    彼にもともと備わっていた素質があるのは確かだ。でも素質があることに溺れず、常に高みを目指すその姿勢が彼の結果を導いているし、また表現する言葉に表れていると思う。


    昨晩の韓国戦。
    ついに5打数3安打。真骨頂は三塁線ギリギリのバントヒット。
    そして盗塁も決めた。


    WBCが終わったとき、いやもっと後かもしれない。
    世界一を決める舞台にいたこの2回目の国際試合を振り返って彼は何を語るのか。
    打てなかったときの苦しみを、目覚めたときの感触を、どう語るのか。
    いまから楽しみでしかたがない。


    イチローが3安打を放ち、チームに火をつけた。
    いよいよこれからが面白くなるぞ。





    2009年03月07日 (土) | 編集 |

    人のセックスを笑うな [DVD]人のセックスを笑うな [DVD]
    (2008/07/25)
    永作博美松山ケンイチ

    商品詳細を見る



    この映画はなんなんでしょう。


    旦那さんがいる相手にゾッコンになり、骨抜きになる主人公の男の子。
    目の前から相手が去って行ったのにいつまでも忘れられず、挙句の果てに、『会えなければ終わるなんて、そんなもんじゃないだろう』だって。おまけに自分を気にかけてくれてた(というか、好いてくれてた)女の子には、ついに愛想をつかれてるし。


    確かに若い男の子の大人の女性との恋を描いているとすれば、これはリアルといえばリアルなのだけど、あまりに女性側に未練がなくあっけらかんとしているので、若い男の子をもてあそびたい女性の視点で描かれたものなのかなとも思ってしまう。


    結構自分も未練ったらしいし、かつてはこの主人公の男の子のような感じだったかもしれない。
    でも、こんなふうだったとしたら気持ち悪いな、カッコ悪いな、だせー。。。と、そう思った。


    どういう視点で見たら楽しめたのか。
    自分にはちょっと感性が合わない感じだった。





    2009年03月07日 (土) | 編集 |

    ようやく終わった1年がかりのプロジェクト。
    無事、完結。終了。


    正確にはまだ確定までは少し時間がかかるけど、もう大丈夫でしょうという段階まで来た。


    ま、もっと言えば、これからの運用が大事なんだけどね。


    いやいや。よかったよかった。
    みんなががんばったからだよ。


    ということで、珍しく一人缶チューハイで乾杯しとりますヽ(^。^)ノ





    2009年03月04日 (水) | 編集 |

    今朝は雪が積もってなくてほっとした。
    いつもなら積もってくれたほうがうれしいのだけど、今日の朝ばかりは積もらないでくれっ!と祈ってた。


    さて、昨晩放送していた『爆笑問題のニッポンの教養』。
    こころの謎を解こうとしている新潟大学の中田先生との対談で、
    テーマは、FILE064:「こころは水で作られる!?」


    最近はNHKにも受信料を払い始め、堂々とNHKも見るようになったのだけど、この番組は面白い。その道の専門家と爆笑問題(特に太田)のやりとりは見るに値する。


    今回は、脳では意識がどのように生まれるのか、というテーマから始まり、意識の形成に脳内に存在する水が重要な役割を果たしているという仮説について、脳細胞には水分子だけを通す穴があることが最近の研究でわかってきたこと、そして人間だけの特徴であると思われる情報の扱い方のうまさ、情報の扱いには発達した前頭葉が関係し、人間が共有してきた情報がこころという存在の形成につながる、といった話。そのさわり・概略の概略を番組にしたという感じ。


    この話に対する爆笑問題太田の反応が面白い。

    曰く、
    『僕らの脳は宇宙の端末か?』


    正直言って、どう言葉で表現すれば、この対談を聞いていた時のわくわく感を自分の言葉で伝えられるのか、よくわからない。さすがに1回見ただけでは理解もおぼつかないということが、こうやって文章におこしてみるとよくわかる。


    来週9日の月曜日、15時15分から再放送があるようなので、ビデオにでもとってもう一度見てみようと思う。


    ちなみに、、


    水に着目して脳の働きを説明する理論を中田先生は「渦理論」と命名されていて、番組で紹介できたのは、ほんのさわりの部分です。その内容は熱力学やエントロピーに使われる数式を駆使して構築したもので、とても30分では説明しきれるものではありませんが、独創的で非常に刺激的な仮説です。
    (上記のサイトから引用)


    だそうだ。


    体内に取り込んだ水は脳と生殖器にまっさきに到達する・・・という話も別の本で読んだことがあり、水が人間を作ると言ってもあながち嘘ではないような気がする。


    物理と哲学とスピリチュアルが入り混じったかに見える大胆な仮説。
    この先生の本、読んでみたいと思った。


    脳のなかの水分子―意識が創られるとき脳のなかの水分子―意識が創られるとき
    (2006/08)
    中田 力

    商品詳細を見る



    2009年03月04日 (水) | 編集 |

    あー、ついに天気予報が当たってしまった。
    この期におよんで雪が降るとは・・・。
    23区内でも積もってきてるし(^^;


    明日から3日間、一大イベントなんだけどなー。
    初日、無事予定通り始められるのかしらん。
    朝の電車、遅れませんよーに。。。




    2009年03月01日 (日) | 編集 |

    日曜洋画劇場で、『M:i:III』 (ミッション:インポッシブル3、Mission: Impossible III)をやってた(というか、やってる)。


    M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
    (2006/11/17)
    トム・クルーズミシェル・モナハン

    商品詳細を見る



    あい変わらずわけがわからない破滅的な状況になってるけど、ビルからビルへ飛び移るアイデアって、ルパンIII世のパクリみたいに見える。


    しっかし、ハリウッド映画が夜の上海を銀幕で表現すると東京よりも格好よく映すね。
    東京って、上海より田舎なのかな。