--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2006年01月31日 (火) | 編集 |





    最近、プロジェクトマネジメントのコースを受講した。

    いままでプロジェクトというものには、あるときはスタッフとして、あるときはリーダーとして関わってきたが、その基礎にある理論はまったく勉強をしたことがなかったので、非常に新鮮だった。

    受講したクラスでは、作業分解図を書きだしネットワーク図を描き、クリティカルパスを見つけ・・・という手法を中心に、その理論をゲームを交えながら勉強したので、この本の内容とは異なる。


    ちなみにクリティカルパスは、PERTという手法の中で出てくるもので、最短でそのプロジェクトを完了させるためには、どの作業を優先していけばよいかを洗い出すために使う。

    ただこの手法の場合、最初にどんな作業が発生するかを作業分解図というものに書き出し、各作業の担当者がその作業にどのくらいの時間がかかるかを見積もるのだが、この見積もりがプロジェクトの遅延を引き起こすらしい。

    各作業担当者は、自分が“このくらいの時間だったら完璧に作業を終わらせられるだろう”時間を設定する。そのため期日が来てもその作業に取り掛からず、締め切りが近くなると大慌てで作業を開始し、結局遅延が発生する。もしくは、作業が早く終わっても期日にならないと終わったことを報告しないため、スケジュールが前倒しになることもない。

    その繰り返しで作業は続くので、結果プロジェクト自体は大幅な遅れを伴うか、無理やり当初のスコープを縮小して終わらせるという結果になるのだそうだ。


    ここで根本的な問題となるのは、“作業をすぐに開始しない”、“遅延しか報告しない”という人間心理であり、これを逆手にスケジュールを組めばよいというのが、このクリティカル・チェーンの手法の出発点。そして、そのやり方を説明している本なのである。


    かなり前置きばかりが長くなってしまったが、結局のところこの本を読んだからといってすぐに何かできるわけではなく、具体的にどう現場でこの考え方を使うかは読者に委ねられている。

    事例が欲しくとも、現場での事例はそうそう表に出てこないだろうから、自分で試行錯誤するしかないだろうね。


    ちょっと試してみたいのだが、今の仕事でこれを試行するパワーがあるかどうか。



    スポンサーサイト


    2006年01月30日 (月) | 編集 |


    いろいろ書いていたのだが、また文章がとんだ。
    せっかく書いた文書が消えると、やっぱりまた書こうという気が失せる。

    またの機会にするかとは思うものの、でも、この本を読んでみた記録は残しておこうと思う。賃貸に住んでいるよりマンションを買ったほうがいいのかしらんと思って読んでみた1冊。





    マンション買うのも低金利な時代だから、今後金利が上がるからという理由だけで、めいっぱいローンを組んで買うべきじゃない。買うに値する物件を買いなさいという感じのお話。

    リスクを担保できるよう充分に考えたほうがいいよとか、想定賃料からリスクヘッジするための計算方法とかも載っていて参考になる。

    もし、将来何らかの理由で購入したマンションを手放さなければいけないとき、人に貸すことでローンの返済をまかなえるのか、売却することでローンは精算できるのか、そのマンションの周辺賃料を調べておくのは必須。

    それに、ある程度将来にわたってのキャッシュフローを計算し、予測を立てておきなさいよ、なぁんて、当たり前のような気もするけど、面倒だし、業者さんが持ってくる1枚の収支計算書みたいなので満足してしまうことは容易に予想がつく。

    金利も変われば、日本のマンションは古くなるほど価値が下がり、売却するにも値段が安くなる。当初組んだローンを、将来売却で精算できなくなる可能性も大。それこそ、よぉ~く考えよーです。


    金利があがると不動産の値段は下がる・・・ということも書いてあったけど、これはまだよく理解できてません。が、少しじっくりとこの先の収支をシミュレーションしてみたほうがいいのかな。それに以前から無理して新築狙わなくてもとも思っていたけど、やっぱり中古を買ったほうが大幅な値下がりも回避できていいみたい。新築買っても引越しした途端に中古になるもんね。そういや、マンションに新古物件ってないのかしらん。


    それにしても不動産って、ちゃんと建物の調査をしたほうがいいみたいです。外部からの非破壊検査とか、赤外線を使ってある程度工事の甘さから来る劣化などの調査は可能らしい。


    めんどくさいから、また部屋は借りようかな(進歩してない(^^;)





    2006年01月26日 (木) | 編集 |





    日本ってなんか抜けてるよね。というか、こんなに巨大な既得権益はちゃんと表の世界に引きずり出して透明な仕組みに組み替えれば、増税すら不要なんじゃないかっていう、なんとも不思議な世界を改めてまざまざと見せてくれる本。

    そして、逆に既得権って大事だよねって思い知らされる。

    パチンコ業界の問題は、チェック機構が働かないこと。
    その理由も、業界の仕組みをすべて警察が握っていることとなると、ちょっと庶民にはどうにもできないぞ的な印象。

    小泉総理、憲法9条の改正もいいんだけど、こっち先に整理したほうがいいんじゃないのかしらん。だってちゃんと法制化して、法律の抜け道をつぶしたらここから税金とれるじゃない。

    不正による金が朝鮮半島に流れてるとか、いろいろと狐につまされるような話がたくさんあって、つくづく日本って不思議な国だなぁと思う次第。

    社会の窓、ちゃんと閉めておこうよって思った一冊だった。




    2006年01月26日 (木) | 編集 |


    [Yahoo! news]「妻子の誕生日は休もう」 働き過ぎ、子育て対策に、労働時間改善法で厚労省

    労働時間改善→残業代が減る→収入減


    [Yahoo! news]「7~8%経て段階的に」消費税率上げ…政府税調会長

    消費税率アップ→支出増


    両サイドからいじめられ、ますます、働けど収入は増えぬままの構図が。すごい乱暴な言いようだけど。


    せめて食材の定義くらいちゃんと作って税率下げてくれないと干上がりそうだな。


    ちなみに政府税制調査会ってどういう人たちが名前を連ねているのかというと、こんな感じ。

    税制調査会委員名簿

    これだけ収入がある立場にいる人たちで議論しているんじゃ、消費税12%でも高い税率ではないんだろうね。


    これは、大勢で意見をぶつけるしかないのでしょう。

    税制に関する御意見の募集について



    もっとも年収増が見込めず、残業代が出ない僕は、支出が増えるだけ・・・と(笑)






    2006年01月25日 (水) | 編集 |


    20060125235400


    写真ボケボケですな。。

    それはさておき。目をつぶるとして。
    今日ちょこっと汐留へ行った帰り、ドーナツを買ってみました。

    ちまたでじわじわと噂になっている(?)らしいドーナッツプラントのドーナツ。

    僕が以前いた職場の上司がどうもこの店の展開にからんでいるとの噂を耳にしたことがあるのですが、詳細は知れず。ほんとだとしたら、“手広くやってますねぇ”と感心しきりではあります。

    でかいしお値段もそれなりに高いと聞いてはいたので、現物を見てもあまりびっくりはしませんでしたが、話のタネにと買ってみたこのドーナツ、日本のしつこさを感じるドーナツと比べるとなかなかおいしい代物でした。

    アメリカでいろんな会社へミーティングに行くと、そのミーティングが重たいものであるときほど、テーブルにはコーヒーとドーナツが山盛りに置かれていて、うまいものだからついつい2個3個と食べてしまった記憶がよみがえってきました。

    もっとも、ニューヨークはマンハッタンのローワーイーストで創業した本格派店舗だからそれは当然の話。生地が今まで日本で食べたことのあるドーナツとは全然違います。

    また今度、買ってみるとしよう。




    2006年01月23日 (月) | 編集 |



    いえ。ルパンとは似ても似つかないですけど。


    [Yahoo! news] <ライブドア>堀江社長を逮捕 証取法違反容疑で東京地検


    逮捕・・・ですか。
    あらまぁ。

    破竹の勢いで名前を売ってたのに、ここへ来て一気に容疑者へ。

    なんともはや。

    ライブドア株は上場廃止の可能性もあるらしいですけど、別のニュース記事で、こんな話が。

    “ライブドアの株式数が全市場で流通する株(単元株ベース)の3割超を占めていることが20日分かった。株式分割による投資単位の極端な引き下げで、多くの個人投資家が同株の取引に参加している。”

    全市場で流通する株の3割超って・・・。
    だから株価が急落したのか。。

    そんなに個人投資家のみなさんがライブドア買ってたなんて、改めてびっくりです。


    堀江氏本人は、自分のブログで、

    “疑いをかけられている(と明確にわかる強制捜査時の捜査令状、これはもらえないしコピーもとらせてもらえないので内容は100%覚えていませんが)件につきましては私は身に覚えがないですし”

    と言ってるけど、自分の行動が正しいってことにすごく自信持ってるんでしょうね。でもね。この騒動を引き起こした罪は大きいよ。結果、堀江氏が間違ったことをしていなかったとしても。


    もっと明るい話、ないかなー。





    2006年01月22日 (日) | 編集 |


    20060121_雪


    雪。

    いいもんですね。
    嫌な人もいるだろうし、大事な予定のある日がこんな天気だと迷惑だろうとは思うのだけど、でも雪景色というのは、心が洗われるような気がします。滅多に雪が降らない東京にいるせいかもしれませんが。


    雪が降ると、音がなくなります。

    ひっきりなしに走る車の音。遠くの踏切の音。
    カツカツと響くヒールをはいた足音。

    そんな音がみんな雪に吸収され、
    シン ... とした音が逆に聴こえてきそうな、そんな風景。
    1年に1度くらい、こんな日があってもいいなと思います。

    今回の雪は、わりと軽い雪。
    べたべたした湿気を多く含んだ雪とは違ってました。
    寒いけど、楽しめる雪。そんな感じです。


    それにしても大学入試センターの試験日って、雨か雪に見舞われることが多いですね。
    カラっと晴れ上がった日ってあまりないんじゃないかな。
    受験生、がんばれ!






    2006年01月18日 (水) | 編集 |


    この前会社辞めていった人、ライブドアへ行くって行ってたな。

    ・・・・・・・・・


    どうしてるだろ(^^;




    2006年01月17日 (火) | 編集 |


    [Yahoo! news] <東証>IT関連株、軒並み下落 ライブドア強制捜査で

    なんだか迷惑な話です。
    ライブドアをIT企業を認めたくない自分がいるからだけども。

    記事の中で、
    ・・・IT企業には、M&A(企業の合併・買収)などを通じて高株価による時価総額拡大にまい進する企業も多く・・・
    と書かれてるけど、そんな企業は一部が目立つだけだと思う。
    ほとんどの企業は、社員みんなでがんばって自社の価値をあげようと努力してるんじゃないかな。

    ま、ちゃんと裏付けとった発言ではないから無責任な言い分だけど。
    でも、ライブドアがかつて無料のインターネットサービスプロバイダとしてがんばってたころが懐かしい。あのころは、まだ堀江氏の会社に買収されてなかったんだよな。

    マスコミが、○天とかライ○ドアのような、ITという本業を横目にカネカネで動いてる会社をIT企業としてセンセーショナルに報じるところにも問題あるよなぁ。

    某IT関連企業に勤めてる1個人の独り言でした。




    2006年01月13日 (金) | 編集 |


    朝の出社時って、いろんなことを歩きながら考えている。
    乗り換えのターミナル駅から地下鉄に乗り換えず、ちょっとした散歩がてら会社まで地下鉄2駅分くらいを歩いているのだが、その間たいがいぼんやりと何かしらの考え事をして歩いている。

    ただ、“このアイデアいいじゃん。”とか、“この仕事、○○さんにお願いしよう”とか考えてることって、会社について席に座ったとたん、忘れてしまう。なぜだかしらないけど。

    それほど重要じゃないということなんだろうけど、この忘れっぽさ。
    ほんとに三歩歩くと忘れてしまうナントカみたい。


    実は今日、マジでやろうと思ってたことを席に座ってパソコン立ち上げてメールをチェックしたら忘れてしまったのです(汗)





    2006年01月11日 (水) | 編集 |


    MacBook Pro
    iMac


    Intel搭載のMacが発表された模様。
    ノートPCの名称は“MacBook Pro”... なんだかマクドナルドで売ってそうな名前になってますがぁ!

    ちなみに、ぱっと見た感じintel insideのロゴは入っていないみたい。
    すっきりシンプル、いままでのMacと外観はそんなに変わった印象はない。

    2006年中に全てのモデルのチップはIntelへ移行するらしいが、当面PowerPCの載ったMacも同時に販売を続けるのだそうだ。しかも同じ値段で。

    ちなみにApple Remoteコントローラなんてのが付属品としてついてるようなのだけど、これって何に使うのだろう?最近のIntel系PCの流行にならって、Macでテレビ見ろってことなのかな。




    2006年01月10日 (火) | 編集 |





    “買ってきた本がダブる”ことはそれほどないのですが、
    “買ってきた食べ物がダブる”ことがよくあります。。。





    2006年01月10日 (火) | 編集 |


    このテンプレートって、Windowsで見るよりMacintoshで見るほうがきれいなことに気がついた。

    Windowsで見てみると、文字のポイント数がデカめでやや見づらい・・・。


    でも当面このままだなっ

    ・・・m(__)m




    2006年01月08日 (日) | 編集 |


    20060108202700
    恥ずかしがり屋さん、本邦初公開!




    2006年01月08日 (日) | 編集 |


    毎年のことだが、初詣というのはなんだかめんどくさい。
    だけどついつい初詣と称して神社仏閣へ出かけてしまう。
    これも日本人の性なのか。

    ということで、今年も初詣へ出かけた。
    近所の松陰神社へ元朝参り。

    そもそもこの神社は、明治時代に建立された、吉田松陰を祭った神社。
    神社であれば、古くは天照の大神に代表される、ふる~い神様の元へお参りに参上するもの、と勝手に思っていた。だから、近代日本の時代に作られた神社にお参りしたところで、ご利益があるのかどうかは疑わしいところ(なんてことを言ってるとほんとに罰があたるかも。)

    それに関東で三が日に人が殺到する神社仏閣といえば、明治神宮に成田山新勝寺に川崎大師。いずれも行こうと思えばすぐに出かけられる場所にある。

    では、なぜ有名どころを選ばずにあえて近所を選んだのか。
    それは・・・、

    人ごみが嫌だから(笑)

    普段満員電車乗ってるのに、新年早々人にもみくちゃにされる必要もなかろう・・・というのが真相である。


    2005年の年末も押し迫った12月31日。
    人が少なくなった渋谷で時間をつぶし、三軒茶屋からぷらぷらと歩きながら松陰神社へ。到着したのは日付が変わる20分ほど前。

    すでにできている行列に並び、寒い中午前0時を待つこと数分。
    太鼓の音が新年の幕開けを知らせた。と同時に行列が動き出し、順番に賽銭箱の前へ。2礼2拝1礼と作法を守ってお参りし、そして無料で振舞われるお神酒をいただく。

    お神酒を入れる容器は“かわらけ”というらしい。
    そのかわらけを早速落として割ってしまっているなんともショボーンな人もいたのはご愛嬌。ほどほどの人数が集まった神社で、のどかな時間が過ぎる。

    絵馬をぶらさげ(新年早々絵馬を書くなんて初めて)、おみくじを引き、破魔矢を買って帰宅。ビデオに録画しておいた紅白を見ながら金粉入りの日本酒をちびちびやる。

    神社でひいたおみくじは“末吉”。
    可もなく不可もなく、まずまずの出たし。

    『いきなり大吉引いてしまうと落ちてくばかりだもんね。』
    そんな減らず口をたたきながら始まった2006年。
    さて、どんな舞台が用意されているのか。
    一寸先は闇ともいうけど、まぁ楽しみにしてみましょうか。





    2006年01月07日 (土) | 編集 |


    テンプレートを変更。
    季節を考えて、雪のイメージで。

    もっとも今年は雪降りすぎてるみたいですね。
    東京地方は寒いし、、指がかじかんでうまくキーボードを打てません(^^;



    2006年01月01日 (日) | 編集 |


    今年もよろしくお願いいたしますm(__)m




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。