--年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2005年05月31日 (火) | 編集 |
    5/21に書いたハービー・ハンコックの“処女航海(Maiden Voyage)”。そういやCDのリンク貼っておかなかったので、ここで貼り付け。

    #別に気になったからってここから買う必要ありません。
    #ただアルバム紹介をサボりたいだけなので(笑)




    僕は息がつげなくなるけど、ゆったりした気持ちになれる名曲。そんなの聴いたことない!って人には是非!ってオススメできます。コテコテのジャズではないので、誰にでもしっくりくると思うよ。



    ちなみに、このアルバムの中での僕の1番のお好みは、5曲目の“ドルフィンダンス(Dolphin Dance)”。こちらも処女航海同様にゆっくり聴けるメロディの美しい1曲。ネーミングもいいと思いません?

    ドルフィンダンスは、とあるジャズライブで聴いてから印象が一変したというか、すごく好きになった曲のひとつ。たまたま友人とふらっと入った横浜のライブハウスで聴いたものでした。

    出演していたのは、麻生光希(Vo)さんのグループで、でもこの曲はヴォーカルはお休みだった・・・よな・・確か(汗)

    ただ、ベースのグレッグ・リー氏が印象に残ってるんですよ。あとからアルバムを聴いてもこの曲はついついベースラインに耳がいくというか、印象にすごく残るみたいです。すごく優しくて落ち着くというか。部屋を少し暗めにして、椅子に深々と腰掛けてゆっくりと聴きたいですね。


    たまには脳と心に栄養を与えないと。


    スポンサーサイト


    2005年05月30日 (月) | 編集 |
    このところ、もう少しで取り逃がしている(というか軸選びが間違ってる・・・)レースが増えてます。。。

    5/22 オークス結果
    1着...シーザリオ(福永)
    2着...エアメサイア(武豊)
    3着...ディアデラノビア(デザーモ)

    買ったのは、2頭軸三連複で。
    シーザリオ      (ダントツ一番人気だから)
    ディアデラノビア   (デザーモ来るんじゃない?)
     → エアメサイア  (武裏切るけど怖いよね)
       レースパイロット(ディアデラノビアと大差ないし・・・)
       ライラプス   (クイーンCでHペースで先行押し切ってる)
       エイシンテンダー(チューリップ賞1着、桜花賞6着で今回は来る?)
       ジェダイド   (忘れな草賞1着だから一応押さえるか・・・)

    基本的に、前2走の上がり3ハロンが34秒台だった馬をまず選択。前に行く馬がいないから、上がり勝負だろうという想像で。
    まぁ取れたんだから悪くはなかったけど、思いっきり本命よりだったから配当が安かったですよね。



    5/28 金鯱賞結果
    1着...タップダンスシチー(佐藤哲)
    2着...ヴィータローザ(安藤勝)
    3着...シルクフェイマス(四位)

    買ったのは、三連複1点で。
    タップダンスシチー  (負けないっしょ)
    シルクフェイマス   (ちょっと怖いけどこのメンバーなら)
    アドマイヤグルーヴ  (2着あたりに食い込んでくるか?)

    取れなかったけど、やっぱりタップは強かった。
    宝塚もタップ買うのは決定!
    コスモバルク、ここに出てきてほしかったなー。



    5/28 欅ステークス結果
    1着...テイエムアクション(橋本)
    2着...タイキバカラ(北村)
    3着...サンライズキング(田中勝)

    買ったのは、複勝1点で。
    サンライズキング   (前2走、Hペースのレースで惜しい負け。そろそろ?)

    2倍ついたから、ちょっと嬉しかった。



    5/29 日本ダービー結果
    1着...ディープインパクト(武豊)
    2着...インティライミ(佐藤哲)
    3着...シックスセンス(四位)

    買ったのは、2頭軸三連複で。
    ディープインパクト  (異常なダントツ一番人気。逆らえまい)
    ブレーヴハート    (デザーモ!)
     → ローゼンクロイツ(安勝だし、切るに切れない。怖いよね)
       エイシンニーザン(前2走の上がり3ハロンがいい時計。ここもレース終盤の勝負
                だろうからひょっとしたら・・・)
       インティライミ (佐藤哲だし、京都新聞杯で最後方から段々上がってきて1着
                ゲット。いける?)
       ペールギュント (皐月賞もNHKマイルカップも上がり3ハロンがいいタイム。
                もう少し前で競馬すればくるか?)
       アドマイヤジャパン(弥生賞でディープといい勝負。そろそろ?)
       シックスセンス (皐月賞2着に敬意を表して)

    青葉賞は、タイムとか見てるとそんなに厳しいレースではなかった感じがしました。で、素直に皐月賞組みかなーと思いつつ、でもデザーモ騎乗に惑わされ、前走Sペースで後方から3着まできた力を信じて、ブレーヴハートを軸馬指定。

    結局、インティライミが着ちゃいましたねー。
    それにしてもディープインパクトの強さ、尋常じゃないですね。
    次も外せないね。これは。


    それにしても、このところ固いレースが多いですね。
    そのわりにはオークスしか取れてないけど・・・・。


    次週、安田記念。ダンスインザムード出るのねー。
    またまた難しそうだけど、結果は簡単だったりするのかなぁ。




    2005年05月23日 (月) | 編集 |
    そろそろ夏フェスのチケット販売の時期ですねぇ。

    夏!青い空!白い雲!野外!焼きそば!カレー!ハイネケン!!!


    ・・・・

    ・・と思って、毎年定番のフェスティバルのチケット販売状況をチェックしてました。

    まだ Mt. Fuji Jazz Festival のほうは沈黙しているようですが、東京JAZZ はもう案内が出てますね。

    東京JAZZ 2005

    でもでも、またビックサイト?値段高止まり?
    うー。。今年もいけないみたいだなぁ。
    1日通しで15,000円ってそりゃないよ。。


    ただっ、テレンス・ブランチャードがバンドひっさげてくるんですね。
    彼を知ったのが、1991年だったか1992年だったかのMt. Fuji Jazz Festival。
    当時毎年恒例だったオーラスの“A Night in Tunisia”でのブロウが印象的で、いつか生で聴きたいと思っておりました。


    行くべきか行かざるべきか、それが問題だ・・・
    1日通しで10,000円までだったら迷わず行くんだけどなー。




    2005年05月21日 (土) | 編集 |
    ただいまバックミュージックに、ハービーハンコックの『処女航海』が流れてます。

    この曲、美しいメロディーラインがゆったりとしたテンポで紡がれて気持ちが落ち着く名曲ですが、ちょっと難点が。

    それは、聞いてると息ができなくなるのです!
    僕だけかもしれないですけど、こんなの。

    ジャズって、プレイヤーのブレスポイントで聴いてるほうも息しちゃいませんか?どうも僕はそうらしいんです。

    だから、処女航海みたいなブレス間隔が長い曲って、聴いてるこっちまで息がつまっちゃうんですね(笑)

    肺活量が減ってるせいだろうということはわかるんだけど、それにしても苦しい・・・。

    つい耳は聴いちゃうし・・・。

    あー、死ぬぅーーー・・・・








    2005年05月20日 (金) | 編集 |
    金曜日、とはいえもうあと2時間弱で終わってしまうわけですが・・・。

    毎週やってくる金曜日。

    いつも渋谷を通勤途中に乗換えで使っているため、大概の日は渋谷のどこかしらで寄り道していくことが多いのですが、この曜日だけはダメ。まず寄り道しない。

    なぜか?

    そりゃすごい人であふれているから。
    いっつも遊んでる学生、緊張の糸が思いっきり切れたサラリーマンやOLさんたち、あきれるくらいに傍若無人のハタチ未満の女の子。

    歩くだけで疲れるってもんですわ。
    だから寄り道しない。


    でもね。
    こんな渋谷でも毎日その街の姿を見ていると、愛着を感じてくるわけで。

    嫌いな喧騒も、人がぶつからないのが不思議なくらいのスクランブル交差点も、その空気を感じないと何かさびしくなる。

    銀座とは違う、新宿とも違う、上野とも違う、わけのわからないごった煮の空気。それは必ずしも若いだけの空気ではなくて、もちろん年を重ねた熟年の空気でもない。

    すべてが夢のような現実のような、たった今だけを、まるで今しかこの世の中がないかのように、その“瞬間”だけを切り取って写し出しているような、そんな街。


    昔、渋谷が嫌いでした。
    毎日がお祭り状態の、わけがわからない状態の渋谷は疲れるだけだったので。
    でも、自分が自分から発するパワーを持っていない今、バッテリーに充電をするように、この街から自分はパワーをもらっているのかもしれない。そんな気がする。

    たとえそれが、悪いパワーであったとしても、今の自分には必要な要素なのかもしれない。だからこそ、この街の空気に毎日触れ、避けずにいるのかもしれない。この得体の知れない渋谷という街の空気を。


    あーあ。

    見えないパワーくれるのもいいけど、一人でにやっとほくそ笑んでしまうような、ゾクゾクするヒラメキを与えてくれ!




    2005年05月13日 (金) | 編集 |
    なにやら邦画をやたらと見ている今日この頃。

    ハリウッド映画に面白そうなものがないっていうのも一因なんですが、ちょっと前に“最近邦画がおもしろいんじゃない?”と思っていた感覚を今になって吐き出しているand/or貪り食っているのかなぁと自己分析しております。

    だって、レンタルビデオ屋さんでいろいろ見てると、ミニシアター系の映画、興味を引かれるタイトルがわりとあるんですよね。それなのに邦画をやたら借りているっていうのは、自分の内面で蠢く何者かが“邦画を観ろ~”と囁いているのではないかと・・・。


    ま、そんなわけで、座頭市の後借りてきたのが“式日”。




    ひじょーに簡単に言ってしまうと、現実逃避をしている男女二人が、出会ってから1ヶ月の間に織り成す出来事を通じて、自分と現実を見つめなおしていくストーリー。完全に自分の殻にこもってしまっていた女の子が、これまた現実から逃げてきていた“カントク”との係わり合いによってだんだんと自我を取り戻していく--そんなお話です。

    女の子の言動なんぞは、この女優さん、素でやってる?っていうくらいリアルで、淡々とした流れながらもひきつけられるものがありました。


    自己の存在意義を問い続け、他者を拒否する心を描いているので、観ていてかなりイタイ部分も多数あったのですが、明るい未来を伺わせる終わり方にほっとした気分が残ります。


    印象的な青い空、奇抜な女の子のメイクやファッション、非日常的な世間から隔離された毎日、ラストに流れるCoccoの切ない歌声。

    そのどれもが現実と非現実との間の微妙なバランスの中で描写されてます。


    でも観る人を選ぶかもしれませんね。
    今はじっくり自分と向き合ってる時期かなぁなんて思う人にオススメかな。


    ストーリーはこちらで丁寧に紹介されてます↓
    jamのシネマな部屋




    2005年05月13日 (金) | 編集 |
    CASSHERN、キューティーハニー、と、なんとコメントしてよいのかわからない映画を観てしまったあと(なんとこの2作、最初と最後だけ観て真ん中すっとばしました ^^;)、いまや世界の北野となった北野たけし監督の“ザ東一”・・・ちがう、“座頭市”を観ました。 

    お口直しっていう感じで一緒に借りてきていてよかった(笑)

    まぁ、この作品が発表されたころ、勝新の座頭市との比較から批判する声も結構あったような覚えがあるんですが、なかなかの映像美。

    全体的に暗いトーンが支配するものの、ひとたび刀を交えると血がブシャ~っと吹き出る様は、慣れると気持ちいい感覚に。
    劇中、農夫がタップを踊りながら農作業をしているっていうシーンが出てくるのも、不自然を通り越して楽しい気分にしてくれます。“爽快感120%(座頭市:ZATOICHI@オフィス北野曰く)”っつーのもなかなか的を得た表現だなと思いました。

    金髪の座頭市を見て、ところどころ織り交ぜられるタップダンスに代表される和洋折衷的な映像を見て、全然違和感がなかったのは、自分の感覚が狂いだしているのか、映画の出来の良さによるものなのか・・・。






    2005年05月09日 (月) | 編集 |
    うむ。
    買った馬券の紐同士で仲良くフィニッシュしたようです。

    三連複、ペールギュント、マイネルハーティーの2頭軸から、ラインクラフト、デアリングハート、アイルラヴァゲインを含め、8頭に流したわけですが。。

    ま、そんなもんでしょ。

    しっかし今年は福永イヤーなんですかね。
    武騎手には裏切られっぱなしだ・・・。


    [Yahoo!スポーツ]ライン強い! 2冠達成/NHKマイルC(日刊スポーツ)



    2005年05月09日 (月) | 編集 |
    なんか、ゴールデンウィーク何もしなかったような気が。

    部屋の片付けしたから、すこぉしだけ部屋がキレイになったけど。

    読み終わってない本は山積。
    探し物も見つからないまま。

    んー。なんだったんだ。この10日間。

    休みなんてまるでなかったように出社。
    ただいまお仕事中。
    休み疲れなし。

    なぜ?(苦笑)



    2005年05月07日 (土) | 編集 |
    ぬるヲタが斬る

    おもしろい!
    僕は、『ルパンルパーン』って思い込んでました。
    単純に音だけ聞いててこう聞こえた・・・(^^;


    あと、ルパンの別の曲で、♪(ダッダッ)ルパンザサードッ っていうフレーズばっかり続くルパンの歌があるけど、こっちもサードって聞き取らずに、サーとしか聞こえてなくて、なんか意味わかんないぞーって昔思ってましたですよ。


    ちゃんと聞き取れたの、いつからだろうなー。


    でもルパンの曲って、かっこいい曲が多いですよね。
    挿入歌でもヘタウマなヴォーカルが大好きです。
    決して上手いっていうわけではないんだけど、ヘタと上手いのギリギリのところで無茶苦茶アンニュイな雰囲気が出ていて、天気のいい昼下がりには最適。


    もともとのネタはこちら↓
    ルパンルパンの会



    2005年05月02日 (月) | 編集 |
    アマゾンで、『キューティーハニー』と合わせて買いたい!と出てくる『CASSHERN』ですが、こちらもついつい借りてしまいました。


    でーですね。






    えー。





    なんというか、


    その。






    ダメダメじゃん(^^;;

    結構大物のキャストをたくさん使ってるくせに、こんなに酷く作れるものなんだろうか・・・ってくらい、激しくダメでした。





    途中全然見なくなって適当に流した映画って、もしかしたら初めてかもしれない。キューティーハニーも真ん中見なかったけど(笑)





    パッケージに書かれたストーリーに惹かれた映画には注意が必要らしい。。





    2005年05月02日 (月) | 編集 |
    “キューティーハニー”、見ました。

    期待もせず、予告編が面白そうだったのでまあ見てみるかくらいの気持ちで借りてきたんですが。




    えーと。






    えーと、











    んー。


    ・・・・・・・




    ま、あれです。気になるかたは見てみてください・・・。




    P.S.
    庵野監督!アニメーション作ったほうがよくないですか?




    2005年05月02日 (月) | 編集 |
    京都で5/1に行われた天皇賞(春)。
    三連単で、194万円の高額配当・・・。

    結局別用があって馬券は買えずじまいでした。
    まだレースも見てないんですが、、、どのみちこれは買えないでしょー。

    スズカマンボにゃ距離が長かろうと思って買う気なかったもの。

    ビッグゴールド、アイホッパー、トウショウナイトはどうしようか迷ってたけど。だって、どれが来るかわからないんだから、距離が逢いそうな馬、それも配当高くなりそうにって考えてたら、その辺が残ってたんです。

    でもねぇ、スズカマンボは切ってましたですよ。ハナから・・・。


    1,000円買ってたら、3分程度で約2,000万円が転がり込んできたわけで、、、いるんわけだよね。どっかに買ってた人が。


    去年といい今年といい、すごいレースになりますねぇ。



    2005年05月01日 (日) | 編集 |
    5月なので、さわやかに新緑のイメージで、グリーンにしてみました。

    どう?




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。