2014年04月09日 (水) | 編集 |

    image


    日本という国の働き手に疑問を生じる今日この頃。


    委託先の企業に来て、
    これから常駐する会社の人と打ち合わせしている最中に居眠りする・・・


    とか、


    やたら自信があるけど、
    知ってる風だけど、
    基本的な知識が何か足りない上に勉強している様子が見えない・・・


    とか、


    新入社員のカリキュラムを外部に任せるのはいいけど、
    会社内のことを教える場はスズメの涙な時間割・・・


    とか、


    現地を見ずに作業しようとする・・・


    とか、

    とか、


    もう、20年以上も社会人をやってきた人間からすると何か
    不思議なことが起きている。


    そういう光景を20年前の僕の先輩方は見ていたのだろうか。
    だとしたら、先が見えてきたおじさんは何も言わないことに
    しよう。


    おそらく世の中が変わったのだ。
    もう僕が知っている世界とはスタンダードが違うのだ。


    だとすると、ですよ。
    日本にいてもカルチャーショックなのだから、
    外国へ行くっていう手もあるわけで。


    [東洋経済オンライン]海外赴任1年目、その本当のところとは?


    インド、マレーシア、ベトナム・・・。


    おそらくそれらの国がこれから世界の主流となるために、
    役に立てる場があるのではないだろうか、


    なんて思ったりするわけです。


    先日、定年退職した方はタイへ行くと言っていました。


    日本のことは若者にまかせて、
    彼らの流儀で試行錯誤して、
    新しい日本を作ればいい。


    年をとった人から、海外で日本人の価値観を広める、
    現地の精神性をの融合をはかり、
    より価値の高い製品やサービスを作る。
    その支援をする。


    そういう役割をしよう。


    そう思ったかどうかはわからないけれど、そういう
    生き方もいいかもしれない。


    打つと響く・・・そんな若い国で再挑戦してみるのも
    楽しいかもね。


    ビジネス英語ができれば、ですが。



    もっとも日本にも昔でいう怖い先輩が必要。。。
    このままじゃやばくないか、と思う自分もいるのです。


    さてさて。



    スポンサーサイト
    テーマ:独り言
    ジャンル:ブログ

    2012年05月18日 (金) | 編集 |


    このところ安定して仕事ができるレベルの人がポロポロと辞めていくわけでして。
    今月も2人辞めていきました。


    すると、一見スパムと見まごう英語のメールが一通。


    ○×という会社の△△というものなのだけど、云々。。。
    私どもの会社は、□○なスタンスで仕事を紹介しており、云々。。。
    ついては、一度お会いできないか、云々。。。


    不思議なことに、誰かが辞めるとやってくるこの手のメール。


    ほんと不思議。


    シンクロしているのか、
    はたまたアドレスを売られたのか(笑)


    嫌いじゃないから全然問題ないんですけど、
    昨年の面接の一件から英語での面接はちょっと自信がなくなっており・・・(^^;


    まぁ、合格したら縁があったってことですね。


    チャレンジしてみるかな。



    テーマ:就職活動
    ジャンル:就職・お仕事

    2012年04月29日 (日) | 編集 |

    ふたたび放置してしまったわけですが・・・。


    アクセス解析を確認。じみーにアクセスがありました。
    以前はまったくゼロになったんだよね。記事をかかないと。


    ということは・・・。


    うしし(*^^)v


    おし。がんばろ。


    テーマ:つぶやき
    ジャンル:ブログ

    2011年11月17日 (木) | 編集 |


    最近たまに立ち寄る赤坂見附。


    転職活動で、リクルーターや候補企業の担当の方との面談で使おうと探した、落ち着いて話すためのホテルの待合スペース。


    通路の脇だし、たまに笑い声が大きく聞こえるのがイマイチなのだけど、自分の話が丸ごと聞こえてしまうくらい静かな場所よりはいい。


    ♪今日の気分




    で、電話面談という予定で今日も再び業務後に出向いた。
    ところが、急遽先方の都合でキャンセル。


    気合いをいれてきたせいか気が抜けてしまい、そのまままっすぐ帰宅するのもなんなので、久しぶりに赤坂見附の繁華街をふらつく。


    昔このあたりに勤めていた。
    新しく立ち上げた会社。そのスタートアップメンバーの一人だった。


    マンションの1室。
    ほんとに段ボール箱を机代わりにして、お客さんへ提出するレポートを書いていたことを思い出す。


    電気もまだなかったから暗くなってきたときにあわてて白熱灯を買いに行ったりしたっけ。


    楽しかったよね。
    まだ30才そこそこで。
    それなりの報酬を提示してくれたこともあって楽しかった。


    ある程度軌道にのって、夜遅くから飲み歩いたりもした。
    朝、スズメが鳴きだしたころに家へ帰り、シャワーをあびてすぐまた会社へ戻ったり。今思い返しても、不思議なくらい体力があった。


    再び次の仕事を探している今日この頃。


    今は、他の人が立ち上げて参加する立場の会社でそこまで元気に楽しく働けるかというと、ちょっと自信はない。


    じゃ、スタートアップで会社を自ら立ち上げられるかというと、カネを集める能力がない。


    だから、条件が合って、それなりに自分が納得がいく職場が見つかればいいなっていう、そんな気持ち。


    ガツガツはしてないけど、したたかに次を探してるって感じかな。


    次の職場でサラリーマンは完結したい。
    だから、今回はじっくりと探そうかなと。


    もし適当なところがなければ、お互いマッチングしなければ、


    そのときは、、


    さて。どうするかな。





    IT 求人なら - @Agent

    <m3.com>医師の転職支援 医師会員20万人のサポート 実績有り!!ご相談下さい

    計画的なご返済でどんどんポイントをプレゼント

    テーマ:中高年の転職
    ジャンル:就職・お仕事

    2011年10月30日 (日) | 編集 |


    電話面接というものがあるらしく、、
    ちょっと気になりググってみた。


    そしたら参考になるページがあったのでメモ書き( ..)φメモメモ


    - 電話でのふるい分け
    (オリジナル The Phone Screen
    - How to ace a telephone interview


    転職のプロセス上で手間をかけたくないのでふるいにかけられているってことは容易に想像できるのだけど、日本企業はこういうプロセスは踏まないよね。


    何事も経験だな(笑)




    <m3.com>医師の転職支援 医師会員20万人のサポート 実績有り!!ご相談下さい






    テーマ:夢に向かって生きる
    ジャンル:ライフ